「KAWANOWA」な人たち Vol.4
『株式会社パーリィー 代表取締役 白潟 篤氏 インタビュー』
「若手の揺るぎないものづくりと、白潟社長のユニークな個性で生まれる」前編

KAWANOWAな人たち

 

 

リラックスした雰囲気の中、熱い想いを語る 株式会社パーリィー 代表取締役 白潟 篤氏
後編はこちら

白潟社長とエルク革との、運命的な出会い

手に吸いつくような質感が魅力のエルク革

「パーリィー」といえば「フィンランドエルクの革」と言えるほど、このブランドの代表的な素材として知れ渡っています。「エルク」とはヘラジカのことで、アメリカでは「ムース」と呼ばれています。厳しい自然環境の中で生息しているため、ワイルドで味わい深い素材になっています。(株)パーリィーの白潟社長は、このエルクの素材を日本で最初に扱った方でもありました。

「今年でパーリィーは31年目となりましたが、このブランドを立ち上げる前は、実は10年間革問屋で働いていました。革の事がわかるようになったら無性に何か作りたくなったという事でパーリィーを始めました。逆パターンですね。
ある日、タンナー(革を鞣す業者)を訪れた時に、このエルクの革がちょうどウエットブルー(鞣されてまだ乾燥していない青みの状態)のまま床に積んであるのが目に入りました。タンナーさんは“これは野生の革だから傷だらけで使えない”というのですが、私はワイルドで厚みのある革を見て、“これは面白いかも”と直感しました。それがエルク革との運命的な出会いでしたね。」

「傷はデザイン。ワン&オンリーの魅力」

タンナーさんにエルク革を鞣してもらうと、牛と違って1cmもの厚みがあり、重いうえに散弾銃の無数の傷だらけ。けれど白潟社長は逆に「他にない柔らかさ、表情の良さ、そして、傷さえも生きてた証として魅力だった」と出会った当時を語ります。

革の厚みは仕立てやすいように、1cmから4mmに漉いて薄くしました。それでもミシンで2枚縫い合わせると8mmにもなりますが、縫い代には漉きを入れずに厚さを活かしたデザインにしています。またエルク革はオイル入れをしなくても、充分にしなやかで繊維層も丈夫。染めは、革の中に色を染み込ませる染色仕上げなので、透明感があり素材の味わいが活きています。

エルク革の厚さが活きた製品達はしなやかで手になじむ

最近では本物のエルク革はほとんどなく、牛革に粗目のシボをつけたものが多く出回っているとのこと。けれど、パーリィーでは希少な本物のエルク革を使用するために、現地のタンナーと年間契約して日本に輸入しています。もちろん食用として狩猟され、副産物としての皮であることは牛と変わりません。

「傷があっても、逆にそれが“デザイン”でしょう」と仰られるように、傷や穴すらもワン&オンリーの存在感があります。まさに、ハーレーダビッドソンを駆るアメリカンバイク好きの白潟社長が愛用する、ワイルドなバイカーファッションにはぴったりのアイテムと言えます。

カシミアタッチの軽やかな触感がエルクの魅力

ところが、せっかくエルク革の商品を開発した直後は、まさに“返品の山”だったとか。
「そりゃそうですよね。ひとつひとつ革の状態も違うし傷もある。バイヤーさんに理解してもらえるまでには3〜4年位はかかりましたね。エルクの特徴や良さを活かすということは、普通の企画商品では無理がありました。今お付き合いして頂いている小売店さんには、皆さんご理解いただいているのがありがたいです。」と白潟さん。最初から上手くいったわけではないようです。

傷だらけの革なのに、どんなところからファンが広がったのでしょうか。伺うと、「とにかくファースト・タッチ」とのお答えでした。確かに、一度触ってみるとそのエルクの良さは圧倒的に伝わります。ふわっとした軽やかな触感と、カシミアタッチのクセになる指滑りは、五感に響く心地よさ。
またスマホの画面やメガネのレンズなど、精密機器をピカピカにするのも鹿革の特徴。パーリィーの「スマホケース」がKAWANOWAで人気なのも頷けました。

【PARLEY(パーリィー)】エルクアイフォンケース 6s対応

前編はここまで。
後編は今後の夢やアメリカ大陸の旅の裏側について伺った内容をお伝えします。

KAWANOWAは、得意ジャンルもテイストも違ったメイドインジャパンのバッグメーカーが集まったサイトです。
バッグのご紹介に限らず、様々な情報や職人さんの横顔などもお伝えしてまいります。

それでは、次回もお楽しみに

パーリィーのブランド「PARLEY(パーリィー)」の商品はこちら

「KAWANOWA」な人たち Vol.3
『株式会社キクヒロ 代表取締役 菊池 弘太氏 インタビュー』

KAWANOWAな人たち

 

 

多種多様な革素材の並ぶ工房にて、株式会社キクヒロ 代表取締役 菊池 弘太氏

異業種から飛び込んだバッグの仕事

工房入り口に掲げられる社名看板

「『ペトラルカ』とは、実は上品でエレガントなライフスタイルを生きる、架空の女性像。響きのいいネーミングにこだわってつけました。」

オリジナルブランドについてこう語るのは、株式会社キクヒロ 代表取締役社長の菊池弘太さん。足立区一ツ家の工房でお話を伺いました。

先代である菊池さんの父親が1970年に創業し、ご自身は10年前に社長に就任しました。もともと金融関係という、全くバッグ作りとは縁のない職場で働いていた菊池さんでしたが、入社されてから2年後くらいには、徐々に新たな販路開拓に乗り出します。

今までメーカー業しか経験がなかった(株)キクヒロではありましたが、菊池さんが今後のビジネスの行方を予測し、ダイレクトにユーザーと結びつくことが重要であることを直感していたからです。ものづくりだけでなく、よりユーザーに近い場所でビジネスが出来るようにシフトさせていきました。

まずは子会社を立ち上げオリジナルブランドを製作。そこから個展を開いて百貨店のバイヤーなどに来場してもらい、少しづつ信頼感と関係性を構築していったといいます。百貨店の平場に並びはじめると、その独特なフォルムや確固たるクオリティに、たちまちファンがつきました。

「問屋さんを介さずに、小売店がお客さんだったので直接反応が聞けたのがとても有り難かったですね。更に『もっといいものを作りたい』という想いがつのっていきました。」

“手を抜かないものづくり”とは

高いクオリティを支える、様々な抜き型

そしていよいよ2009年には、冒頭に語って頂いたオリジナルブランドの「ペトラルカ」が誕生します。

仕事もプライベートも、そしてアフター5も自分らしく楽しむ、凛としたスタイルのある「ペトラルカ」に似合うバッグのラインナップが揃います。「P」の文字が4つ組み合わさった、アクセントにもなるゴージャスなゴールド金具がポイント。

百貨店だけでなく、ショップは青山の「ベルコモンズ」一階にもオープンしました。顧客はいままで様々なブランドを経験してきた大人の女性たち。彼女たちをも満足させる、インポートブランドと比べても遜色のないクオリティは、キクヒロが地道に積み上げてきた“手を抜かないものづくり”でした。

「私たちのものづくりは、外側の顔だけでなく、見えない部分に特に気を遣っています。例えば、バッグのシルエットを決める芯材の種類や、内ポケットにはちゃんと長財布が入るかどうか…など。販売員さんやお客様から上がってくる要望を丹念に拾い上げ、ひとつひとつを商品開発に丹念に活かしていきました。

また、バッグには不可欠な軽さ、ハンドルの握りなど、女性が気になるポイントは徹底的に考えられています。独りよがりなデザインではなく、実際に使ってみて“長く使えるのか”を追求することは重要なポイントですね。」と菊池さん。

ユニークなのは、キクヒロの商品の随所にみられる、革を部分的に“つまんで”ふんわり感を表現したシルエット。全体的なバランスに変化が出て、女らしさも感じられる絶妙なデザインです。

これは実は、服のパターンを手掛けてきた、アパレル出身のパタンナーさんの力が大きいといいます。洋服の“タック”を取るかのように、革をつまむという処理の仕方はペトラルカのオリジナリティ。それがまた、使う人にとっても身体当たりの優しいパターンとなっています。

ペトラルカ独自の“つまむ”デザインは「ジル」にも

プロフェッショナルが集う「KAWANOWA」

丁寧にパーツを縫い進める職人さん

現在、工房には七名の職人さんたちが働いています。細かなディテールへのこだわりは、ベテランの方々の技術の積み重ねで生まれてきたもの。

そして棚にはさりげなく、2008年の「ジャパンレザーアワード」のトロフィーが置かれていました。「たまたまですよ」と菊池さんは笑いますが、数多くのブランドがエントリーする「レザーアワード」を取れるブランドは全国でもほんの一握り。デザインとクオリティのバランス感がここで裏打ちされています。

菊池さんに、ものづくりの喜びとは?と伺ってみました。

「やはり、思った以上のいい商品が出来たときですね。あとは直販をしているので、お客様からリピートをいただき、また欲しいです!と言われるのは本当に嬉しい。」と顔をほころばせていました。

そして、これからの「KAWANOWA」に対してはどんな思いでいるのでしょうか。

「ここには、ものづくりに関して真にプロフェッショナルの方々が集まっています。みなさんのものづくりの姿勢を見聞きしながら、外へと発信し、ひとつのいい事例になっていけば良いと思います。これからが楽しみですね。」

工房の看板わんこも温かく見守ってくれました。

KAWANOWAは、得意ジャンルもテイストも違ったメイドインジャパンのバッグメーカーが集まったサイトです。
バッグのご紹介に限らず、様々な情報や職人さんの横顔などもお伝えしてまいります。

それでは、次回もお楽しみに

キクヒロのブランド「Petrarca(ペトラルカ)」の商品はこちら