「雨と仲良く過ごそう」後半

革の知恵袋

こんにちは。

いつも「KAWANOWA」の製品をご愛用いただき、ありがとうございます。

 

さて「雨と仲良く過ごそう」の後半。まずは防水スプレーの上手なかけ方です。

 

 

◆防水スプレーのかけ方のコツ

 

知っているようで知らなかった、防水スプレーのかけ方。プロに聞いた「上手なかけ方」ですが、その際のポイントは5つありました。

 

POINT-1

スプレーする革製品が濡れていると効果が出ない

 

「バッグが濡れてしまった!」と慌てて、直後にかけても効果なし、ということですね。

まずはアフターケアをしっかりして乾かしてから。

 

POINT-2

スプレーする前に、まず缶をよく振ってから

 

成分が分離していることもあるので、まず振って振って。

 

POINT-3

風通しの悪い室内などは厳禁。できれば屋外の風通しの良い場所で使用する

 

中には、玄関で使って気分が悪くなったという人も。狭い場所ではスプレーがこもりやすいので気を付けて。

 

POINT-4

製品から20〜25cm離して噴射。1か所に「2秒を2回」ほど軽くスプレーする

 

それだけで効果があるので、1か所に液を多くかけても効果は変わりません。

 

POINT-5

スプレーした後は、表面が乾いてから効果が表れるので、15分以上置く


すぐに出かけたい気持ちもわかりますが、しっかり乾いてから使いましょう

 

 

 

「フッ素樹脂のはっ水メカニズム」としては、このように表面に「樹脂の棒」がいくつも立っているイメージです。

 

その上に水滴が乗っていて、空気は通すので通気性は保たれるという訳です。こすれたり折れ曲がったりすると、その場所の「樹脂の棒」が倒れるため、はっ水効果が薄くなります。

 

2ケ月に一度くらいのペースで掛ければ、防水効果は維持できると考えられています。

 

 

◆防水スプレーが不要な革も

 

実は、革の仕上げの中には防水スプレーが不要なものもあります。「オイルレザー」などの油分を沁み込ませたもの。そして「ブライドルレザー」などワックスで仕上げたものです。

 

両者ともに丈夫な革として筆頭に挙げられますが、徐々に効果は落ちてきますので、缶入りのワックスやクリームなどでケアをしていく必要があります。

 

また「エナメル加工」のものは防水スプレーは不要です。ウレタンコーティングをしてあるので、もともと雨には強い素材です。ただ水に濡れるとエナメル独特の「ツヤ感」がなくなってくるので、その時には「エナメル専用」のクリームで磨きツヤを出してください。
 

 

◆雨に濡れてしまったら

 

【軽い場合】
もし雨に濡れてしまったら、なるべく早く対処しましょう。
まずは、よく乾いたタオルで水分を拭きとります。この時に、ゴシゴシ擦るのは厳禁です。

 

軽く押さえるように、ポンポンと拭くようにします。衣類のシミ抜きの時のような感じで拭きましょう。すぐに拭き取ることでトラブルは防げます。


帰宅したらバッグの中身を出して、風通しの良い場所でゆっくり乾燥させることがポイント。


 


【かなり濡れてしまった場合】
革の芯まで水分が浸透してしまった場合、乾燥するまでの間にひび割れを起こしてしまったり、変形してしまったりすることもあります。革の脂分が抜けやすくなるので、特に注意が必要です。

 

まず水分をよく拭きとったら、バッグの中身を出して乾かします。革製品は濡れているうちは伸縮性があるので、新聞紙やタオルなどを詰めて、形崩れしないよう整えます。

 

この時に、手軽さもあって新聞紙を使用することが多いですが、湿った新聞紙のインクが時として内側についてしまうことがあります。そんな時は、100円ショップなどに売っている「洗濯ネット」に新聞紙を詰めて、バッグの“アンコ”代わりにするのがおすすめ。

 

乾燥したら、バッグ用のクリーナーを使って汚れを落とし、無色のクリームで水分と油分を補ってください。

 


 

◆防水加工のレザーについて

 

最近は、あらかじめ「防水加工」が施された革も登場しています。主になめし段階で防水効果のある薬剤を使うことが多いですが、国内では製造できるタンナーはごく限られています。ただ、お手入れがらくちんであることから、とても人気な素材のひとつ。

 

水に濡れると普通の革だと浸み込んでしまいますが、防水レザーは表面に水滴がコロコロと転がります。雨がひどい時には浸透する可能性もありますが、その後の乾きが早く、お手入れにあまり気を遣う必要がないのが有難い点。

ただこれらのレザーでも、防水スプレーは掛けた方がよいでしょう。

 


 

 

日本もここ数年は、突然の雨と暑い日々とが交互にやってくる、“亜熱帯”のような気候になりました。湿度が高いうえに、水濡れ等もあり革にとっては決して良い気候条件ではありませんが、革ものを楽しむためにはちょっとした「ビフォアケア」がポイントになります。


雨と仲良く、今シーズンも前向きに革ものを楽しみましょう。

 

 

〜〜〜〜
◆参考
一般社団法人日本皮革産業連合会
販売員研修テキスト http://www.jlia.or.jp/

 

━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての知られざる知識あれこれを、これからもお伝えしていきます。また次回もお楽しみに。


文責: CHIENOWAコミュニケーション 川崎

<KAWANOWA> 期間限定ポップアップショップ
8月14日まで開催中!

お知らせ

期間限定ショップ 松屋銀座にてお待ちしています。

 

 

KAWANOWAは、日本の伝統的で巧みな革工房・職人を応援しようという思いから、2016年に誕生しました。
日本の熟練職人が培ってきた技術力をベースに、ものづくりにこだわり、革の「わ」が広がったり、つながったりする新しいスタイルを創りだすことがコンセプトです。

 

8月14日まで期間限定ショップを松屋銀座にて出店中。

KAWANOWAサイトに掲載していない商品もございます。この機会をお見逃しなく。

 

 

名刺入れ、小銭入れなど、ビジネスマン向けの革小物や、スーツに合う財布など、取り揃えております。

 

 

紳士フロアにございますが、ユニセックスでもご愛用頂ける商品ばかり。

夏向けの帆布素材を使ったバッグや、落ち着いた色合いのトートバッグもございます。

 

 

詳しくはこちらから!

皆様のお越しをお待ちしております。

 

<場所>
松屋銀座

5階中央特設会場

住所:東京都中央区銀座3-6-1


<期間>

2018年8月 1日(水)−8月14日(火)


<参加メーカー>
azzuni(アッズーニ) Produced by 清川商店

THINly(スィンリー) Produced by ミヤ・レザークラフト
mic(ミック) Produced by ラモーダヨシダ
FESON(フェソン) Produced by 山万

「雨と仲良く過ごそう」前半

革の知恵袋

こんにちは。

いつも「KAWANOWA」の製品をご愛用いただき、ありがとうございます。

 

毎日暑いですねー。

 

今年7月は例年よりも早い梅雨明け宣言で、各地で酷暑が続いております。ただ西日本の豪雨災害など、“観測史上類をみない”を連発した雨量が続くなど、心配も多いですね。


台風やゲリラ豪雨などもいつどこで遭遇するか分からないので、普段から“雨に対するケア”も不可欠になってきています。
今回のテーマは「雨と仲良く」。そんな天候でも、どうすれば革ものを楽しめるかをお伝えします。

 

 

◆革のしなやかさは「水」と「油」のバランス


革製品はまさに“天然の動物の皮革”。このしなやかさは、皮革の繊維構造を成している「コラーゲン」のおかげです。

 

これらはタンパク質からなる繊維で、皮のほか骨、歯、腱、血管、筋肉などあらゆる組織に分布しています。皮をなめす際には、なめし剤とくっついて「革」を作ります。下記のように、繊維の間に“橋を架け”て丈夫にするというイメージがわかりやすいと思います。
 

コラーゲン繊維構造

 

 

革のしなやかさを保っているのは、「水分」と「油分」。そのどちらが不足しても、革は硬くなったりひび割れたりしてしまいます。ケアの基本は、汚れを落とし、クリームなどで水分と油分を補って、その繊維構造を維持することが第一歩。

とはいえ、今まで“なめし”工程を見てきたように、「皮」が「革」になるまでには、原皮を「洗う」、「鞣す」、「染める」など、大量の「水」を使う必要がありました。

 

もともと革と水は「仲良し」であるがために、実は「水分とは馴染みやすい(親水性)」特徴を持っています。その特徴から、高い「吸湿性・放湿性」が生まれるため、靴などで「通気性が良い」と言われるゆえんです。

 

 

◆もともとは“丸み”のあった動物の身体

 

万一、革製品が濡れてしまった時に、特にやってはいけないのは「急激に乾かす」こと。早く何とかしたいと、ドライヤーを使ったりストーブの前やクーラーの下などに置いておくのは厳禁です。


たとえば、おなじコラーゲン繊維で出来ている「イカの一夜干し」を想像していただくと分かりやすいかも。熱を加えるとくるんと丸まってしまいますが、もともと動物たちの身体は“丸い形”。革を作る際には、平たい形に伸ばして乾燥させているので、濡れることにより元に戻ろうとします

 

革の脂分が抜けて、乾いた時には風合いが変わってしまうことも。「濡れた状態」+「熱を加える」のコンビネーションの時が、最も革が弱ってしまいます

 

革の種類やなめし方、加工方法によって差はありますが、完成した革は基本的に「水」に対しては強くありません。なので、重要なのが事前の「ビフォアケア」になります。

 

さてそんな時はどうするかというと。。

 

 

◆買ってすぐに「ビフォアケア」を忘れずに

革製品は、使用していくうちに汚れやキズがついてきます。まず、買ってから間もないうちにクリームを塗ることを習慣化しましょう。革に油分が補給されて表面に薄い“保護膜”ができるので、後のお手入れも簡単になります。ちょっとした雨であれば、その保護膜で水濡れから守ってくれます。

 

クリームを塗ったその後に、防水スプレーもかけてください。革ものに使う防水スプレーは「フッ素樹脂」タイプがおすすめ。

 

フッ素系がおすすめ

 

一方で「シリコン系樹脂」もありますが、透湿性がないタイプなので傘や雨靴、レインコート、マリンスポーツウエアなどに向いています。またシリコン系は油汚れなどは防げません。


「フッ素樹脂」は、繊維を細かくコーティングし、適度に透湿性があるので革や衣類の繊維製品に向いています。油をはじく効果もあるので、防汚効果も高いと言われています。

 

成分はスプレーの後ろに記載されています

 

前半はここまで。雨対策に「ビフォアケア」は特に大切ですので、ぜひ「買ってすぐ」の対策を。

次回はいよいよ「濡れてしまってから」のポイントです。

 

 

〜〜〜〜
◆参考
一般社団法人日本皮革産業連合会
販売員研修テキスト http://www.jlia.or.jp/

 

━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての知られざる知識あれこれを、これからもお伝えしていきます。また次回もお楽しみに。


文責: CHIENOWAコミュニケーション 川崎