「KAWANOWA」な人たち Vol.8前編
株式会社服部 代表取締役 服部栄一氏 インタビュー
「創業以来の匠の技を活かした縫製技術。業界でも“難もの”を手掛ける」

KAWANOWAな人たち

IMG_7795.JPG

東日本ハンドバッグ工業組合の理事長を務める、衂部 代表取締役 服部栄一氏

現在、「KAWANOWA」参画メンバーを束ねるのが、東日本ハンドバッグ工業組合の理事長を務める服部栄一さん。

服部さんは、創業昭和33年の老舗ハンドバッグメーカー「株式会社服部」の三代目です。叔父、そして父親の代を経て、いまの会社を引き継がれ、腕の良い職人さんたちとともに、“難もの”と呼ばれる難しい技術を要する数々の製品を作ってきました。

服部さんは幼少期からここ浅草橋に住み、街の歴史をリアルに感じてきている方。
今では地元の祭り…それも「浅草三社祭」より盛り上がると言われる“鳥越祭り(とりごえまつり)”の要職も務められています。祭りのこととなると熱く乗り出してお話しされるところなどは、さすが下町気質です。お聞きしながら、かつて浅草橋や蔵前界隈が職人街やものづくりの工場が連なって賑やかだった様子が浮かび上がります。
この時代背景などのお話しを伺える機会が減っている昨今、若い方々にもぜひ知って頂きたいですね。

台東区界隈になぜ革のものづくりが多いのか

なぜ浅草、蔵前、浅草橋、御徒町といった台東区界隈が、ものづくりの職人の街と言われているのか…。
今まで不思議に思うことなく、“そういうものだ”と感じている方は多いかと思います。まずは服部社長のこんなお話しから始まりました。

「『浅草』エリアはかつて革の生産地で、墨田川の豊かな水で鞣し業を行っていました。革の生産量の増大とともに“製靴業”も勃興し、浅草は全国でも名高い「革と靴」の生産地でした。
大正、昭和にかけて台東区の人口が増加するに伴い、徐々に住宅が革工場のそばに迫っていきます。大きなスペースが必要な革鞣し工場は、墨田区の東側へと次々と移転していきました。その際に「革問屋」と「靴製造」は浅草に残り、現在に至っています。そして墨田区にはタンナー(主にピッグレザー)が多いのは、その時からの歴史があるようですね。」

浅草の南側の街「蔵前」は、金具などの「パーツ」問屋さんが多く集まっています。そして更に南に位置する「浅草橋」は、ものづくりを支える職人さんの街でした。ちょうど浅草橋と蔵前の間に“おかず横丁”と呼ばれる通りがありますが、ここは職人さん一家の食卓を支える重要な存在でした。

職人一家の食卓を支えた“おかず横丁”

「昔は職人仕事は、家族ぐるみでやっているところが多かったんです。家では、母親も仕事をしているため、なかなか子供たちの夕食作りもままなりません。この横丁で晩のおかずを買って、子供たちに食べさせていた家がほとんどでした。私も小さい頃は、ここのコロッケが夕飯の定番でしたね。」と笑う服部さん。

おかず横丁はいまでもその名残があり、肉屋、豆腐屋、味噌屋など、昭和の香りを残す店舗が軒を連ねています。最近ではその店の合間に、ポツポツと若手職人が店舗のリノベーションを施して、バッグや革小物といったのショップを開いたり、工房を構えたりしています。雰囲気はそのままに、店の並びは今どきの商店街の様相を呈してきました。

喫煙具と財布、バッグのつながり

IMG_7795.JPG

今まで知らなかった"歴史"をたくさん語っていただきました

「当時は、職人さんと言えば“和装バッグ”、“がま口”、“喫煙具”を作製する人が多かったです。実は財布職人さんは、かつて喫煙具を作っていた方が多かったんです。細かな手作業をこなせることから、徐々に今のような財布作りにシフトしていったようですね。
また日本の靴産業の歴史は意外と長く、2020年のオリンピックで150周年を迎えるそうです。反面、バッグは案外歴史的には浅いんですよ。着物から洋装に移っていった頃に、ようやくハンドバッグが流行りました。まさに“ドレメ(ドレスメーキング)”の時代ですね。」

日本が洋装に切り替わったのは1950年代以降なので、実はまだ60年ほどの歴史しかないそうです。着物の時代ももちろんバッグはありましたが、かっちりしたフォーマルなデザインが主流で、庶民はふろしきがメイン。確かにそうですね。バリエーションもそれほど豊富ではなかったとのことです。

がま口、喫煙具、財布、そしてバッグへと、時代が移るにつれて、要望されるものが変わり、そして職人さんの仕事も変わっていったという背景は、とても興味深かったです。

なかなかお聞きできないこの業界のリアルな歴史。繋がることでハッと思えることも多いです。さて、次回はいよいよ服部さんのものづくりについてお聞きします。

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝

「KAWANOWA」な人たち Vol.7後編
株式会社サンバッグ坂本 代表取締役 坂本 収氏 インタビュー
「“ミスター・クロコダイル”の異名を持つ、クロコ一筋の達人」

KAWANOWAな人たち

IMG_7795.JPG

後編では、工場内をすみずみまで見学させていただきます。

古い機械も大切に使う

さて、大量のクロコの革の山を拝見し、坂本社長により革出し(型紙を置く)までを見せていただきました。(「KAWANOWA」な人たち Vol.7前編
同じ部屋には二人の職人さんが作業されています。クロコを扱って数十年というベテランの職人さんは、数ミリの細かな手作業にも関わらず、のりづけや裁断などがとにかく手早い。手技につい見とれてしまいました。

次に革漉き(革を薄くする)の機械がある部屋へ。
ここでは昔ながらの機械を修理しながら大切に使っています。40年ほど前から使っている、デジタル表示などのないアナログな漉き機は、さきほどのベテラン職人さんがもっぱら使用しているとのこと。

IMG_7623.JPG

中央にあるダイヤルで調整します

「若い職人はもうこの機械は使えないんじゃないかな。でも古い機械には新しいものでは出せない味わいがあるんです。これからも捨てないつもりですよ。」と坂本社長。
なるほど、すべて新しくしてしまっても、ものづくりの味わいが出せるわけではない、ということを教えて頂いた気がしました。

 

奥には、「グレージングマシン」という、革の表面にツヤを出すための機械があります。
長い腕のようなものの先に“メノウ”の円柱を付けて、革の表面を何度も強く磨きツヤを出していきます。実演していただきましたが、マットな状態からあっという間に、エナメルのようにツヤツヤな状態に変化するのは魔法のよう。
「誰でもできそうだけど、こすればこするほど色が濃くなってしまうので、全体を同じ濃さにグレージングするのは、かなりの職人技なんですよ。」と説明を頂きました。確かにすぐに黒光りしていくので、ムラにならず均一にツヤを出すのはとても難しそうでした。

IMG_7623.JPG

足元のペダルを踏んで動かします。

IMG_7623.JPG

こすった後がこちら。先端の色がすこし違うのが分かりますか?

IMG_7623.JPG

グレージング前(左)、グレージング後(右)

和装の定番から、TV通販、インターネットへ

上階に上がるとそこは縫製の部屋。広々したフロアには、十名ほどの縫製職人さんがミシンを踏んだり手縫いをしたり。驚いたのは、男性に混じって若い女性の方も少なくないことでした。「最近かばんを作りたいという職人志望の人は多いですね。」と坂本社長。ものづくりのすそ野の広さを感じ、嬉しくなります。

黒や茶色だけでなく、最近では鮮やかなカラーやグラデーション加工を施した色など、さまざまな表現が見られるようになりました。ちょうどイエローやブルーといったカラフルなバッグが仕立てられているところです。そして驚いたことに、裁断されたクロコ革の表面には、キズがつかないようにと“ラップ”が張られていました。さすがな気遣いですね。

IMG_7623.JPG

ラップが張られたクロコ革

「昔は爬虫類のバッグといえばとても高単価で、和装の方やミセスが多かったですよね。でもいまは、テレビ通販やインターネットなどの影響で、若い人たちにも広がり、エキゾチックレザーがカジュアルなシーンでも持たれるようになりました。とはいえ製作段階では、キズが付かないように、細心の注意を払って作業しています。」

“クロコダイル革”にこだわった先代の姿勢

実は社長の先代は、ワシントン条約が締結されるずっと前に、「カメの革(手足)」を使ったバッグを大ヒットさせたのだとか。当時は本当に珍しく、作ったそばから売れていったそうです。

しかし、ワシントン条約後は捕獲が厳しくなり、カメのバッグは製造中止に。代わりに様々な革を探した結果、付加価値の高いクロコで勝負することを決めたのだとか。現在の「東日本ハンドバッグ工業組合」の前身である「東京袋物製造同士会」を立ち上げたのも先代でした。クロコダイル革を日本で最初に扱うにあたり、ヨーロッパのクロコダイル製品のメーカーに出向き、加工技術を学び日本で試行錯誤を重ねながらハンドバッグを作ったそうです。

坂本社長の代になってからは、より軽いバッグを探求したり、新しい販売チャネルへと広げるなど、様々なチャレンジを重ねています。また素材を無駄にせず、型を抜いたあとのクロコの素材は、カラー別に箱を用意しそこにストックしています。エシカルなものづくりへの意識は、坂本社長の代で徹底されています。

「製造のプロフェッショナル」が集まったKAWANOWA

KAWANOWAサイト内では、13色ものカラーバリエーションがある「シャイニングクロコダイル」の財布が人気アイテムです。ユニークなのが、「ガーベラ」「ミンク」「ルサーン」といった、なんとも想像力をかきたてる個性的な色のネーミング。

グレージング加工を施したクロコダイルを贅沢に使った一品で、「こういう風に革出し(線書き)をしたんだな」ということが、工場を拝見して理解できたので、財布になる前の段階からイメージが膨らみます。

IMG_7623.JPG

シャイニングクロコダイル財布

この「KAWANOWA」がどんな場になれば?という質問を、坂本社長に投げかけてみました。

「KAWANOWAは、“製造のプロフェッショナル”が集まって運営しているので、みんながそれぞれ自分の製品には圧倒的な自信を持っています。確かな商品しか並んでいないので、みなさんには安心して購入していただきたいですね。
これからは、KAWANOWAならではの、ものづくりから見た視点、知る人ぞ知る情報などもアップして、革の面白さや奥行きを味わってもらえる場になっていくと、嬉しいです。」
と坂本社長は語ってくださいました。

今回は、敷居が高いと思っていたエキゾチックレザーの奥深さを、たっぷりと教えて頂きました。
牛革とはまた違う面白さがあって、学びになりました。また伺いたいと思います!ありがとうございました。

サンバッグ坂本の商品はこちら

◆株式会社サンバッグ坂本
東京都台東区浅草橋2-28-17 03-3862-2291
http://www.sunbag-sakamoto.co.jp/



文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝