「日本での、革のうまれるまち探訪」その1
<姫路市、たつの市>

革の知恵袋

「KAWANOWA」は、「革の輪」という意味を持つだけに本革の製品が数多く登場しています。
前回の「革の知恵袋」でもお伝えさせていただいたように、革という素材はかばんに仕立てるうえでも大きなメリットがあります。

まず「丈夫」であること。身に着けるものの素材の中では強度が高く、実は革は火にも強いんです。次に「経年変化」が楽しめるところ。手入れをしながら味出しをして自分らしい革に育てることもできますね。

また「切り口がほつれない」ところ。なるほど〜と思った方も多いのでは。布は切れ端のしまつをしないといけませんものね。革にはそれがありません。

他にも「触れると温かみがある」とかいろいろメリットはありますが、かばんを作るうえで革の存在は不可欠と言えます。

それでは、「革ってどこが産地なの?」と聞かれたら、答えられる方はそう多くはないかもしれません。今回は「革のうまれるまち」に迫ってみます。

1.日本の革づくりの中心地「兵庫県姫路市・たつの市」

まずは、日本での革づくりを考える上で真っ先に挙がるエリアは、兵庫県の「姫路市」と「たつの市」。2つは隣り合った市で、革の産地としてはとても古い歴史があります。

平安時代の書物からは、播磨地方(神戸市や姫路市を中心とした領域)にて革の製造が行われていたことが確認されているそうです。「日本の革文化はヨーロッパに比べてまだ浅い」と思っている方も多いと思いますが、実は「武具、甲冑、馬具、たいこ」などに、革は不可欠なものでした。江戸時代は藩の政策としても、革づくりを奨励していたようです。

ではなぜこの地域で皮革産業が盛んになったのでしょうか。
そこにはいくつかの重要な背景があるようです。

まずは革を鞣(なめ)す時には大量の水が必要なので、それを供給する「川」の存在が大きいです。市内には「市川」「揖保川」「中川」など水量豊富な川がいくつも流れています。

姫路を流れる「市川」

加えて、牛革はというのはびっくりするほど大きいので、その革を干しておく広い「河原」の存在があったようです。とにかく革を作るためには、広大な土地と豊富な水が必要なのです。

また革を干すのに適した温暖な気候であり、生皮の保存に必要な「塩」の産地が近かったこと。現在でも「赤穂の塩」は有名ですよね。

さらには西日本では、当時から多くの「牛」が飼われていました。確かに、関西は「牛肉文化」、東京は「豚肉文化」と言われます。そんなところにも革が生まれる背景があったのですね。

そして「大阪」や「京都」といった当時の商業中心地が比較的近かったことなどが、この地域での“革産業”を加速させた背景と言われています。

2.タンナーさんたちが仕入れる「原皮」とは

牛革の生産量に関しては、兵庫県が日本で一番であり、そのシェアは約70%にものぼります。特に多いのは「牛革」のなめし。他の動物に比べると格段にサイズが大きいので、タンナーさんも他のエリアとは「ドラム」のサイズや乾燥所などの規模が違います。中には「コードバン」などの高級な革を専門になめすタンナーさんも存在しています。

大型のドラム、サイズが他のエリアよりも大きいんだとか

現在、大小200件以上の工場が集積しているという、まさに「革のまち」。一部はヨーロッパなどに輸出もされており、日本の高い製革技術が世界に認められています。

革の原料となる「牛の原皮(なめす前の状態の皮)」は、北米やオーストラリアから9割以上が輸入されています。世界的に見ても、この2国は牛肉の生産・消費が群を抜いています。

もちろん国内の牛から鞣される革も、最近増えて来ています(それを地生(じなま)と呼びます)。
それこそ、三大ブランド牛と言われる「松坂牛」も、以前は皮に含まれる脂が多くて使いにくい原皮と言われていました。けれども最近では、タンナーさんの技術の進歩で、使えば使うほどツヤが出る革になり、「食べても、革としてもナイス(笑)」なブランド牛となりました。

ただ、このところ革製品の値上げが相次いでいますが、その背景は北米、オーストラリアの2国からの原皮の輸出量が減ってきているのが要因。タンナーさんの間では、「上質な原皮が手に入りくくなった」という声が聞こえます。

革の原皮は国際的な取引なので、原皮相場として変化していくのが常。
その理由として、世界的な「ヘルシー志向」によって牛肉の需要そのものが減っていること。また中国でのライフスタイルの高級志向から、車の「シート」や「ソファ」といった革製品へのニーズが急激に高まっていること。「革=高級なもの」といった昔からのイメージがあるのだそうです。

どうしても、世界の消費事情に振り回されてしまうところが、“食肉の副産物”たるゆえん。各タンナー、各メーカーも独自の工夫を重ねて、その原料の高騰に負けることなく乗り越えようとしています。

とはいえ日本の革づくりはちょうど“面白くなってきた”ところ。若手のレザークリエイターが登場したり、今までありえなかった“アッ”と驚くような革が生まれたり。決して十年一日のような仕事をしているわけではありません。

 

さて姫路の次は、東京へ。「革の産地が東京?」ってにわかには信じられませんよね。
タンナーさんに潜入もしてきましたので、そちらもぜひお楽しみに。

◆参考URL
日本タンナーズ協会(http://www.tcj.jibasan.or.jp/
TIME&EFFORT(http://timeandeffort.jlia.or.jp/
姫路電子じばさん館(http://himeji.jibasan.jp/


KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての、知られざる知識あれこれをこれからもお伝えしていきます。
また次回もお楽しみに。

「KAWANOWA」な人たち Vol.9後編
ハンドバッグ製造ヒロセ 代表 広瀬和俊氏 インタビュー
「“目も耳も舌も”、すべての感覚と感性を磨き続けること。」

KAWANOWAな人たち

ハンドバッグ製造ヒロセ

独自の手法で染められたパイソンの革、角度によって色が変化するんです

前回まで、広瀬さんがエキゾチックレザーと出会い、その魅力に目覚めたお話を伺いました。
今回はその仕事が生み出される背景がまたユニークでしたのでお伝えします。

「感覚を感性」を磨くために不可欠なショップ視察

広瀬さんは月に3回から4回は、表参道や青山などのラグジュアリーショップの視察に欠かさず出かけているそうです。
ものづくりに専念する方で、月にそれだけショップ視察に時間を割かれる方というのは、そう多くはないと思われますが、広瀬さんはこれについてはこだわりを持っていました。

「うちの本業はOEMメーカーですが、言われたデザインをそのまま右から左へと作ることはしません。相手ブランドの方と、あくまでも『一緒に考えてより良いデザインを提案する』という“ディレクション”的な仕事だと思っています。最終的にはそれは『感覚と感性』がすべての世界。

先方も時には、無理難題を言ってくるところもありますが、基本的には仕事は断らないようにしています。何とかそれを形にし、プラスアルファの提案ができるようにするのが自分なりの仕事のスタンスですね。」
と広瀬さん。

型

写真では伝えきれないほどの美しいカラーでした

目も、耳も、舌もすべて鍛えること

インタビュー中で何度も出てきた言葉が、“感性”
とにかくこれを衰えさせないように、普段から「五感を鍛える」ことを欠かさないようにしているとか。これについては。

「来たデザインに対して、『この素材はこうするともっと生きる』とか、『こういう仕様を加えるのはどうか』など、プラスアルファの提案をしてより良い商品に近づけるアドバイスもします。そのためには、自分の感性や感覚を磨きつづけることが大切だと思っています。

例えば、映画館美術館に行ったり、生のライブを聞いたり、話題のレストランに出かけたり、スイーツを食べたりと、新しい情報は頻繁にチェックしていますね。“目も、耳も、舌も、すべて鍛える”と言うことでしょうか。

話題の作品を鑑賞する、トレンドの飲食店に出かけるということは、ある意味で今の時代を代弁する“空気感”を取り入れることだと思います。
映画や絵画に登場する、カラー、ファッション、雰囲気などは、それだけでも創作のヒントになりますね。」

 

感性プラス、健康体でいることが大切

私たちインタビュアーでも知らなかった、いま注目のスイーツ店もご存知だったのにはびっくり。またアカデミー賞を受賞した映画「ラ・ラ・ランド」も早々とチェックされていて、歌の部分だけでなく、服の細部までも観察されているのには驚かされました。

また、身体の健康も維持しないと仕事に反映してしまうとのことで、身体を鍛えることも欠かさないそうです。様々な角度から“感性を磨く”ことでしか、自分自身の仕事はバージョンアップしていかない、という言葉が印象的でした。

ストイックな部分も持ち合わせつつ、最近見た映画の感想や美味しいスイーツショップの話など、なんとも引き出しが多く話題豊富な広瀬さん。こんなところも、ぶれない軸を持ったメーカーでいつづける所以なのだと実感しました。

オリジナルデザインもこれから増やしたい

【ヒロセ】パイソンレディースバッグ アーク

【ヒロセ】パイソンレディースバッグ アーク

長くこの仕事を手掛けていながら、なかなかオリジナルブランドを立ち上げる機会がなかったという広瀬さん。このKAWANOWAサイトに参加されたことをきっかけに、刺激をもらっているとのこと。

「今まで依頼された仕事に対して、“自分なりのエッセンス”を入れて提案することが多かったので、あえてオリジナル商品を作るということには重きを置いてこなかったのかもしれません。

けれど、いざ『KAWANOWAにオリジナルを』と言われたときに、自分の中の“作りたいもの”を探ってみると、今までとは別の発想が必要だということに気づきました。今回はとても良い刺激をもらっていると思います。
オリジナルのデザインバリエーションをもっと増やして、今後は“は虫類の面白さ”を伝えていけるといいですね。」

広瀬さんが手掛けられるオリジナルを、これからも楽しみに待っていたいと思います。
ありがとうございました。

ヒロセの商品はこちら

◆ハンドバッグ製造 ヒロセ
東京都台東区三ノ輪1-1-3 駿河ビル1階 03-5603-2411



文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝

【新着】【azzuni(アッズーニ)】牛革ヌメ×ヌメシボ ビジネスバッグを追加しました

お知らせ

経年変化を楽しむ、シンプルなビジネスバッグ

 

【azzuni(アッズーニ)】牛革ヌメ×ヌメシボ ビジネスバッグが入荷しました。

 

シックなブラックの牛革で、シンプルに仕上げたビジネスバッグ。ぱっと見のデザインはシンプルですが、使い勝手のよいあおりポケットや、全体のサイズ感が「長く愛着をもって」使える魅力の一部です。

男性だけでなく、普段から書類やパソコンを持ち歩く機会の多い、ビジネスウーマンの方にもおすすめ。

ぜひご覧ください。

 

【【azzuni(アッズーニ)】牛革ヌメ×ヌメシボ ビジネスバッグ

【azzuni(アッズーニ)】牛革ヌメ×ヌメシボ ビジネスバッグ
47,520円(税込) 全1色

 

お問い合わせはコチラ

KAWANOWAには、得意ジャンルの異なった、経験値豊富なメーカーが集まって運営しています。
「こんな商品はないの?」「あんな商品がほしい!」「他の色はある?」などなど、どんな事でも結構です!
ぜひ一度お問い合わせ下さい。