ものづくりのまち・台東区「浅草橋」「駒形」エリアへ
「革さんぽ」に行ってきました! part2

KAWANOWAさんぽ

こんにちは。

いつも「KAWANOWA」の製品をご愛用いただき、ありがとうございます。

 

さて、前回まではプリンセストラヤさんの「袋物参考館」にて、昭和初期までのハンドバッグを見せて頂きました。
ここからは、高度経済成長期を迎えた日本のハンドバッグの歴史です。

 

◆現代に向けたハンドバッグの進化

 

昭和30年代の終わりには「東京オリンピック(39年)」が開催されました。そこから、世界中からの観光客がどっと増え、日本人もいよいよ海外へとこぞって旅に出た時代です。

 

プレスの河島和彦さんからお話を伺います。

 

「40年代に入った頃から、一般の日本人も海外に行き来できるようになります。また海外留学などから戻った人がカルチャーを持ち帰り、ジーンズやヒッピー文化などを広めていきます。スタイルもよりカジュアルになり、“ショルダー”タイプのものが一気に広がりました。


バッグ業界でも変化が起こります。今までは、ひとりの職人さんが一本のバッグを作っていたのが、今のような裁断、漉き、縫製といった分業制へとシフトしたのもこの時代です。


そして弊社のブランド『ダコタ』も1969年(昭和44年)にスタート。馬具風なウエスタンデザインを取り入れた、当時は斬新なカジュアルバッグでした。」

 


 
確かにこの時代のバッグのシルエットは、パンタロンやシャツスタイルに合うロングショルダーが多いのが特徴です。今であっても、十分レトロ感のある個性派デザインです。

 

「そして昭和50年代は有名な『ハマトラブーム』が起こります。『ミハマ』や『キタムラ』といったエレガントなブランドが支持され、ブランドブームが始まります。カジュアル派だった『ダコタ』は苦戦を強いられますが、軸をぶらさず当初のものづくりを続けました。


同時期に、弊社では他のオリジナルブランドを立ち上げたり、フォーマル系や値ごろ感のあるものなどを作るなど、企業として様々な模索をし続けて、今に至っています。」

 

 

ハンドバッグの歴史とプリンセストラヤさんとは、密接に関連していることがわかりました。

 

「ダコタ」の過去のデザインが、今の流れとそう変わっていないということにも、会社としてこのブランドをきちんと守ろうとしている姿勢が伺えます。

 

◆職人とデザイナーとが切磋琢磨する「プリンセスギャラリー」

 

 

そして、日本のハンドバッグの歴史から、世界の袋物コーナーへと移ります。

様々な民族の“生活の道具”としてのバッグは、実用と装飾の面白さに興味をかき立てられます。


また色々な爬虫類や動物の革のコーナーでは、エイ、サメ、カエル、コイ、ウナギ、カバ、サル、トナカイ、シャケなどなど…、数えきれないほどの動物の革の種類のバッグがありました。


「よく誤解されるのですが、動物達はバッグのために殺されたのではなく、皮はあくまでも“食肉の副産物”なんです。世界には様々な食文化があるので、捨てることなく皮を活用していることは忘れないでほしいです。」

 

と河島さん。

 

 

またフランスの貴族たちがオペラを見る時に使う「オペラバッグ」は、芸術品レベルの装飾が施され、職人技が競われてきたことを彷彿させました。女性の衣装のひとつとして、バッグはまるでアクセサリーのように不可欠な存在だったことを伺わせます。

 

最後の「プリンセスギャラリー」のコーナーでは、プリンセストラヤさんに所属する職人さんたちが、社内デザイナーさんたちとコラボレーションしたユニークなバッグが並んでいました。

 

 

ファスナーがたくさんついていたり、細かな縫製だったりと、他に見られないデザインばかり。

 

「このコーナーに並んでいるバッグは、売場に並ぶことはありません。職人とデザイナーとが技術を競い合い、伝承し、次の世代へとつないでいくための試みでもあります。


普段は現実的な価格面や工程などで、贅沢な作りをすることは難しいかもしれない。けれどそれとは関係なく、プリンセストラヤが常に一定レベルの技術力を保ち続けていくことは、先代から引き継いだ私たちの責務だと思います。」

 

と河島さん。

 

 

様々な方がこの袋物参考館を見ることで、いま手元にあるものが単なるバッグではなく、「歴史と技術力」がぎゅっと詰まったものだということに気づくかもしれません。小さいながらも、とても濃い博物館でした。

 

さて、革さんぽチームが「袋物参考館」を後にしてから次に向かうのは、かばんの歴史が一堂に会する、「世界のかばん博物館」です。

 

Part2はここまで。次回もお楽しみに!

 

〜〜〜〜
◆ご協力 (共に予約制)
袋物参考館(プリンセストラヤ)  http://www.princessbag.com/princess-gallery

世界のカバン博物館(エース)  https://www.ace.jp/museum/

 

━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての知られざる知識あれこれを、これからもお伝えしていきます。また次回もお楽しみに。


文責: CHIENOWAコミュニケーション 川崎

夏期休業のお知らせ

お知らせ

連休前発送は8月10日14:00受注分まで

KAWANOWAをいつも応援いただきまして、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、以下日程にて、夏期休業日とさせて頂きます。

 

ご注文、お問い合わせについてはお受けしておりますが、対応につきましては、

休業後の対応となります。何卒、ご了承くださいませ。

 

 

<連休前発送の最終受付>
2018年8月10日(金) 14:00

<休業期間>

2018年8月13日(月)〜2018年8月16日(木)

 

 

お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、今後とも変わらぬご愛顧をお願いいたします。

休業期間中のご注文、お問い合わせにつきましては2018年8月17日(金)より、

発送業務につきましては、2018年8月21日(月)より順次対応させていただきます。

 

 

以上、宜しくお願い致します。

 

 

ものづくりのまち・台東区「浅草橋」「駒形」エリアへ
「革さんぽ」に行ってきました! part1

KAWANOWAさんぽ

こんにちは。

いつも「KAWANOWA」の製品をご愛用いただき、ありがとうございます。

 

5月に開催された「モノマチ」が、台東区エリアで行われていることを、以前こちらのブログでご紹介させていただきました。実はその台東区には、バッグとかばんにまつわる「博物館」まである、というウワサを聞きつけました。

 

早速私たち「革さんぽチーム」が突撃取材に伺って参りましたので、レポートいたしますね。

 

 

◆まずスタートは「浅草橋」駅から

 

ここ浅草橋界隈はもともと、資材メーカーやパーツ屋さん、バッグの問屋や職人さんのアトリエなどが並ぶ、普段は下町の雰囲気を残した静かなエリアです。


駅の周りには「貴和製作所」などのアクセサリーパーツの店や、店舗用品を扱う「シモジマ」、革や金具を販売するお店などが集まっています。

 

ちょっと“プロっぽさ”がある街と呼べるかもしれません。

 

 

まずはメンバーで今日のスケジュールの確認と、腹ごしらえから。

 

意外と浅草橋の駅のまわりには、個人経営の小さなレストランや居酒屋が裏通りにひしめいていて、そぞろ歩きするにはとっても楽しいです。

 

ランチは、こちらの居酒屋さんで。お昼の定食もリーズナブルでボリューム満点!

 

 

 

 

 

◆ものづくりの足跡を次世代に残す“袋物参考館”

そして、ここから歩いて五分のところにある、ハンドバッグの卸会社・株式会社プリンセストラヤさんに向かいます。

 

 

業界でも老舗企業であり、1939年(昭和14年)に創業されました。「ダコタ」というオリジナルブランドを持ち、その他にも「ユキコ・ハナイ」「ホコモモラ」などのブランドも扱われています。

 

 

建物の中には「袋物参考館」という、ハンドバッグの歴史を知ることができる貴重な博物館があります。

 

こちらは創業50周年記念事業として設立され、平成元年に公開がスタートしました。クラシックな石造りの部屋には、歴史を感じさせる数々のバッグや袋物が静かに並んでいます。

 


ではここからは、プリンセストラヤ・プレスの河島和彦さんにご説明をお願いしたいと思います。

 

「袋物参考館には、世界約50ケ国のバッグや袋物が展示されています。
もともとは、益子焼で人間国宝の濱田庄司さんと、弊社の創業者との間に交流があり、ものづくりの足跡を“参考館”として残すのが良いとアドバイスを頂いたことが、ここの始まりです。


ハンドバッグは実用品だけでもなく芸術品でもない、ほどよくその中間的なものです。時代に応じて、また国の文化によっても様々な表情を持つ“バッグ”や“袋物”を収蔵しているのも特徴です。」

 

と河島さん。

 

 

◆江戸時代中期から“袋もの”が始まった

 

まずは日本のものから。年代別に並べられていますが、「袋物業」という仕事が生まれたのは江戸時代中期だそうです。


「最初に袋物が生まれたのは、“たばこ入れ”が始まりだったと言われています。口元で袋を結ぶ信玄袋(しんげんぶくろ)や合財袋(がっさいぶくろ)を作っていた職人が、キセルを入れる袋を作り始めました。

 

つまり袋物の最初は、“男性用”しかなかったのですね。当時女性は行動範囲が広くないので、風呂敷などがハンドバッグ代わりだったのではないかと思われます。」

 

そして少しづつ西洋から革もの文化が入ってきて、それを見よう見まねで作る職人たちも増えてきました。

ポルトガルから「金唐革(きんからかわ)」なども入り、高級感のあるものが登場してきました。また単なる「袋」から立体感のある「箱もの」へと、フォルムの変化も現れてきます。

 

そして時代は一気に昭和20年代へ。

 

 

終戦を迎えてのち、着物文化と洋服とが混在し、どちらの装いにも合うような「フォーマルバッグ」のバリエーションが増えてきます。かっちりしたがま口タイプのものが目立ちますが、今持ってもおかしくない程、クラシックでモダンなデザインが多いのも驚きです。

 

この時代はまだバッグデザイナーなどはいないので、それぞれの職人さんが自分が作りたいものを自由に作っていました。

 

「昭和30年代になると、『キネマ』の時代に入ります。西洋からの映画が人々の娯楽であり、またおしゃれのお手本になりました。スクリーンに映ったバッグを見ては、職人たちがその形を再現していたそうです。本人達はきっと何に使うか分からないのに、“ハットケース型”のバッグを作っている…なんていうエピソードも微笑ましいですよね。」

 


Part1はここまで。昭和初期から徐々に高度経済成長期へと突入していきます。

 

 

〜〜〜〜

◆ご協力 (共に予約制)
袋物参考館(プリンセストラヤ)  http://www.princessbag.com/princess-gallery

世界のカバン博物館(エース)  https://www.ace.jp/museum/

 

 

━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての知られざる知識あれこれを、これからもお伝えしていきます。また次回もお楽しみに。


文責: CHIENOWAコミュニケーション 川崎