「KAWANOWA」な人たち Vol.10後編
世界に“日本の高度な技術”を伝えていく/有限会社ミヤ・レザークラフト
「独自の“財布づくり”を通じて、パートナーシップが繋がり想いが広がる」

KAWANOWAな人たち

IMG_7795.JPG

考案されたオリジナル財布。種類もいろいろ。
前編はこちら

前回までは、ミヤレザークラフトさんが国内工場を立ち上げた背景、そして石井さんというパートナーと協業したオリジナル財布のストーリーでした。

今回はもうお一方のパートナーのお話しと、スタッフの方からお聞きしたセカンドストーリーです。

財布サンプル職人との強力タッグ

ミヤレザークラフトさんのお二人目のパートナーシップ・メンバーは、蔵前にて「財布塾」を開かれている財布職人の吉川信和氏です。

国内の大手革小物メーカーにて30年もの間、サンプル作りや、OVTA(海外職業訓練協会)のもとで海外現地縫製工場に対し、技術指導などもされて来た、こちらも技術面での大ベテラン。

現在はミヤレザークラフトさんから依頼を受け、山形工場の技術指導や、2016年9月からは豊岡まちづくり株式会社の「豊岡かばんアルチザンスクール」での講師などをされています。

アトリエでお話を伺いました。

IMG_7795.JPG

ミヤレザークラフトのパートナーシップ・メンバー 吉川信和氏

「私の転機は、革小物メーカーに入社してから2、3年して、職人さんの外部修行に行けたことでした。当時一番腕のよい財布職人さんの技術を、2ヶ月ほどかけて習得します。その後は、中国へ技術指導でしばらく駐在していましたが、のち日本に帰国します。その時に宮社長から声をかけていただきました。

自分自身のキャリアを再考するに当たって、“財布の図面を見れば型紙が取れる”という職人から受け継いだ技術力を活かし『サンプル職人』として生きる決意をしました。そして去年、プロの財布職人を養成する『財布塾』を立ち上げました。」

「豊岡かばんアルチザンスクール」での財布作り講義

IMG_7795.JPG

豊岡かばんアルチザンスクール。柳行李を模した壁面が印象的。

「豊岡かばんアルチザンスクール」は、兵庫県豊岡市と民間とが設立した第三セクターの施設。柳行李づくりから始まった歴史ある“鞄作り職人”を育成すべく、一年間で鞄作りのプロフェッショナルを育てる専門学校です。

鞄作りだけでなく財布や革小物を作れることもこれからの職人には必要ではないか、という現場のニーズに応えるべく、宮社長が吉川さんに白羽の矢を立てました。

日本でも数少ない、高品質な財布の技術を持つ彼の元には、一般のクラフト好きな方ではなく、プロとして業界内で活躍している方が少なくないのだそうです。

さて、「山形ファーレ」では女性職人さんが生き生きと働いていますが、さすがに日々の業務の中には“これは男性の方にお願いしたい”という仕事も出てくるのだそう。

そんなときに、工場に出向いてアドバイスをしたり、外部との折衝をしたりするパートナーとして登場するのも吉川さん。スタッフからも全幅の信頼があるので、ミヤレザークラフトにとっては重要な“技術力向上メンバー”と言えるのではないでしょうか。

産地がそれぞれ技術を共有しあう関係性

IMG_7795.JPG

宮社長に日本のものづくりの展望をお聞きしました。

業界内だけでなく、宮社長自身がものづくりについて考えていることは、世界に誇れる日本の技術力を、海外の人にも広く知ってもらうこと。豊岡の「アルチザンスクール」へと講師を派遣したのも、産地別で競合するのではなく、それぞれの地域が技術共有をしていくことで、日本でのものづくり全体が共に発展できる、ということを願ってのことでもあります。

また、「これからメーカーが生き残っていくにはどうするか」という策を常に考え、問屋に頼らない生き方を模索し続けています。今後更にオリジナルブランドを増やしていくための布石としても、「山形ファーレ」の存在は大きいと言えるでしょう。

「かつては、“川上(メーカー)・川中(卸)・川下(小売店)”という言葉の通り、この業界はそれぞれの役割が分かれていましたが、最近ではその際もなくなりつつあります。

最近弊社では、姫路のタンナー(革なめし業者)さんと協業し、彼らが自社の革から作製するバッグや財布などの、オリジナル製品づくりなどもサポートしています。

垣根を越えてお互いが、“世界に日本の技術を伝えていく”という共通のミッションを認識していければ、この業界全体も盛り上がり、作り手のモチベーションもアップするのではと考えています。」と宮社長は語ります。

「KAWANOWA」という場がその一片を担えることができれば、こんなに嬉しいことはないですね。

 

「山形ファーレ」の女性職人さんたちが手掛けるオリジナル商品を、これからも楽しみにしていたいと思います。

ミヤレザークラフトの皆さま、ありがとうございました。

THINly(ミヤ・レザークラフト)の商品はこちら

◆有限会社ミヤレザークラフト
東京都墨田区東駒形1-19-12 03-3625-5880

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝

「KAWANOWA」な人たち Vol.10前編
世界に“日本の高度な技術”を伝えていく/有限会社ミヤ・レザークラフト
「独自の“財布づくり”を通じて、パートナーシップが繋がり想いが広がる」

KAWANOWAな人たち

IMG_7795.JPG

あたたかい笑顔で迎えてくださった、襯潺筺Ε譽供璽ラフト 代表取締役 宮昌弘氏
後編はこちら

「KAWANOWA」のなかで、とりわけ“薄い財布”を提案しているメーカー、ミヤ・レザークラフト。オリジナルブランドである「THINly(スィンリー)」は、徹底的に「薄さ」を追求したデザインという点では、右に出るものがないほど。

また山形・新庄市にて財布の国内工場を立ち上げられ、早くも9年目に突入しています。職人を育てることをミッションに掲げる、有限会社ミヤレザークラフト 代表取締役である、宮昌弘社長の想いにも迫りました。

ベルト工場の端材で作り始めた“革小物”

現在代表取締役である宮昌弘氏は、有限会社ミヤ・レザークラフトの3代目。祖父の時代は、“ろうけつ染めを施した革資材を卸していたという歴史があります。

そこから宮社長の父上がベルトメーカーに入社し、そこで出る革の端材を財布に仕立てたのが、「革小物づくり」の始まりだったとか。

以前は「墨田加工」という社名だったのを、宮社長が代表取締役に就任した平成2年から、世界にも通用する「ミヤ・レザークラフト」という新社名に変更しました。現在は、財布に特化したものづくりに軸足を置き、高齢化している職人たちのものづくりの技を、山形工場の若い工員たちに伝承するべく、宮社長自身が日々奔走されています。

宮社長にお話しを伺いました。

「ようやく山形工場も9年目を迎え、職人は14名となりました。実はいま、工場で働いている全員が”女性”なんですよ。彼女たちの繊細な感覚と、何事にも黙々と取り組んで決してあきらめない姿勢は、工場の原動力になっています。今後は更に増やしていって、30名は育てていきたいですね。」

と力強く話して下さいました。財布職人がすべて女性という工場は、国内でもとても稀有な存在です。

女性パワーが支える国内財布工場「山形ファーレ」

IMG_7795.JPG

山形ファーレ 工場内の様子

よく言われることですが、日本でのものづくりが疲弊してしまった要因は、おもに90年代から00年代頃に海外へと生産現場を移していったという経緯が挙げられます。職人たちに仕事が回らなくなり、ものづくりの跡を継ぐ人も減少しました。

そんな時代に、宮社長は日本でのものづくりにもう一度回帰する必要がある、と肌で感じていました。そしてあるご縁から、山形の革小物職人の方々と知り合います。彼らから「この地で革小物の工場を一緒に立ち上げたい」という熱烈なオファーを受けました。

一念発起し、宮社長は山形県新庄市に、財布・革小物の国内工場である「山形ファーレ」を立ち上げます。2008年のことでした。

メンバーはすべて山形在住の地元の方々。地方都市では、女性が手に職をつけて一人前に働ける仕事は、おのずと限定されてしまうのが現実。なのでこの「山形ファーレ」に応募される方はとても多いのだそうです。

最初は4、5人だったメンバーも、今では13人。全員が社員として登用されています。財布を作る仕事は小さいだけに、コンマ数ミリのズレでも許されない精密な作業。女性達は妥協を許さず、黙々と作業をこなします。

IMG_7795.JPG

妥協のない正確さがこのステッチに表れています

「聞けば誰でも知っているような高級ブランドの財布なども作っていますが、触った時の絶妙な“ふっくら感”や、ステッチの目のキレイさなど、ブランドバリューに恥じないものづくりであるという自負はあります。 彼女たちのプロ意識はとても高くて、私が“このくらいはいいんじゃないの?”と言っても、“そういう訳には行きませんから”と許してくれないんですよ(笑)。私よりも手厳しい。」

と宮社長は嬉しそうに話してくださいました。

海外生産と国内生産の違いについては、技術力だけでなくひとりひとりの”職人としてのプロ意識の違い”、”妥協を許さない姿勢”、これが日本で作る大きな意味なのではないかと実感しました。

パートナーシップ・メンバーの存在、石井仁さん

 ミヤ・レザークラフトのものづくりを支えているのは、職人やスタッフだけではありません。様々な立場からアイデアや技術を提供する、“パートナーシップ・メンバー”の存在がとても大きいのです。

お一人目は、画期的な「縦型四列カード入れ」の仕様を考案した、株式会社ゴッドブレスの代表である石井仁(いしいひとし)氏。財布デザイナーとして54歳でセカンドキャリアをスタートさせ、ミヤ・レザークラフトの機能的で独創的な商品をプロデュースしています。

IMG_7795.JPG

この「THINly」の薄型財布は石井氏が長年考えた出したもので、作りたかった商品は「カードの収納に特化」した財布でした。実用新案も取得した、独自のデザインです。

石井氏は1977年に革小物の製造卸会社に入社され、多くのブランドのOEM(相手方ブランド生産)や海外ブランドの輸入業務にもたずさわられた経緯をもつ、業界での大ベテランです。

カード25枚がスッキリ収納される財布

宮社長とのご縁がつながってのち、誰も見たことのない“縦型カード入れ”財布は1年間の試作品開発を経て、ようやくマーケットに登場しました。その圧倒的な使い勝手の良さから、メディアや百貨店のバイヤーからたちまち注目を集めます。なんと「DIME」誌上の通販では、「THINly」の財布が二年連続一位を獲得しています。

「KAWANOWA」でも、「カードをスッキリ収納財布」というネーミングで五型がラインナップされています。
取材当日も、実際にカードが何枚入るのかチャレンジして頂きました。あれよあれよと、計25枚がすっきり収納。プラスしてお札はもちろん、背面のファスナーポケットにはしっかり小銭も入ります。

IMG_7795.JPG

カード25枚 実際に入れて見せていただきました!

「男性はお尻のポケットに財布を入れる人が多いから、車に乗る時などどうしてもカードが痛んだり曲がったりしてしまいます。縦型四列にすれば、ヒップに沿って曲がり、シルエットを崩すことなく収納することができます。最近ではラウンド財布よりも、薄型、小型財布のニーズが高まっていますね。」と宮社長は語ります。

【THINly(スィンリー)】カードをスッキリ収納財布(束入)

【THINly(スィンリー)】カードをスッキリ収納財布(束入)

財布の新しいデザイン開発には、とてつもないエネルギーが注ぎ込まれているということに気づかされました。諦めない姿勢には頭が下がります。

さて、次回はもう一人のパートナーメンバーの方についてお聞きしました。

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝