「日本での、革のうまれるまち探訪」その3
<埼玉県 草加市>

革の知恵袋

「KAWANOWA」は「革の輪」。とはいえ、「革」についての知識ってどのくらい持っていらっしゃいますか?

さて、1回目「姫路」2回目「墨田区」に引き続き今回は「革のうまれるまち探訪 その3」は埼玉県、それも「草加市」。東武東上線で都心まで一本で通勤できる便利さもあって、東京のベッドタウンとしても栄えている草加市。

 

「え?草加市っておせんべいの名産地じゃないの?」という声が聞こえて来ますが、もちろんそれはそれで全国的にも有名です。けれど他にも、草加の地場産業って実は意外なものがあるんですよ。探索してみましょう。

1.「埼玉県 草加市」

(1)草加の三大地場産業とは

草加市は埼玉県の東の端に位置し、東武線で通勤もラクということもあって、ファミリーに人気のエリアです。

実は草加市には、古くからの地場産業が3つあります。
ひとつは全国的にも有名な「草加せんべい」。江戸時代にお米の団子を乾燥させ保存食としていたものを宿場町であった“草加宿”で販売したのが始まりだとか。昔から米どころでもあり、また醤油醸造の野田市(〇ッコーマンが有名)も近いことから、せんべい作りに適していたそうです。

あと二つは、意外ながら「浴衣」と「革製品」なのです。

「浴衣」は江戸時代に、神田の染織業者が大火により焼き出され、水の豊富な当時の草加に移住し、事業を再開したのが始まりと伝えられています。

革製の手すり

そして「革製品」
草加市に革業者が集まって来たのは昭和10年頃と言われています。革なめし業者や革職人などの関連業者が、浅草や隅田などの東京都内から、工場用地を獲得しやすい草加市内に拠点を求めて移転してきたのが始まりだとか。
やはり浴衣も革製品も、「綾瀬川」の豊富な“水”の存在は不可欠だったのですね。

(2)草加の革産業の特徴

インテリアにさりげなく革!

草加の革産業の特徴は、牛、豚、羊のほか爬虫類やシャーク(鮫)などのエキゾチックレザーまで、多種多様な素材を使用している点にあります。製品では、靴やかばん、衣料品、グローブ、インテリア雑貨、珍しいところでは“太鼓”などバリエーション豊富な商品が生み出されています。

また、このエリアは他2つの“革のまち”と異なり、「原皮」から「鞣し」「縫製」「仕上げ」と、“原料の製造”から“製品の完成”まで一貫した業者が集まっているのが特徴です。革づくりから製造までを、近場のネットワークでできることが他の産地にない大きな強みとなりました。

そんな草加市にはタンナーさんもあります。

大きな牛革!

そこで最近では、草加の作り手たちが連携し、この地のモノづくりの強みを活かした「レザータウン草加プロジェクト」をスタート。5年前からはエコレザーを使った「彩鞄(さいほう)」ブランドを立ち上げました。エコレザー素材とは、自然にもヒトにもかかる負荷を少なくして、厳しい品質基準をクリアした革素材のことです。

また、現在草加で活躍する中心的な10社のなかには、高価な爬虫類の鞣しを得意としたり、海外著名ブランドの修理を専門に行ったりと、他にはないオリジナリルな力を発揮しているところも少なくないとか。

“草加せんべい”だけでなく、草加が『革のまち』であるという認知度をもっと上げて、この地域全体の価値をアップさせていきたいと、草加のまちが一体となってがんばっています。

彩鞄ブランド バッグや小物が並びます

さて草加で「革」というのも意外でしたね。「せんべいだけじゃない」草加のまちも、少しでも知っていただけると嬉しいです。

◆参考URL
草加市ウェブサイト(http://www.city.soka.saitama.jp/
彩鞄ウェブサイト(http://soka-saiho.jp/craftsmen/
埼玉皮革関連事業協同組合(http://soka-saihou.jp/
ジャパンエコレザー(http://ecoleather.jlia.or.jp/

 


KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての、知られざる知識あれこれをこれからもお伝えしていきます。
また次回もお楽しみに。

たくさんある革の種類【まとめ】 その1
<牛革の種類>

革の知恵袋

「KAWANOWA」では「革の輪」だけあって、ご覧のように革もののかばん、小物を得意としています。

 

その革にも実は様々な種類があります。

 

「牛」「羊」「豚」など動物の種類だけでも十種類以上、そして一口で「牛革」といっても成長の度合いや性別によっても様々な呼び名があります。


このコーナーでは、材料としての革の種類をわかりやすく「まとめ」てみようと思います。

 

【牛革】
牛革は革製品でもっともよく使われています。革になる動物の種類のなかでは最も大きいサイズのものです。

 

素材には厚みがあり、繊維組織が比較的均一で、強度や耐久性にすぐれています。
原料の「原皮」は、おもに北米やオーストラリアから輸入されていて、国内のタンナー(鞣し工場)で革に生まれ変わります。

 

ただ最近では、「地生(じなま)」と呼ばれる、国産の牛原皮も使われることが増えました。まさに「松坂牛」など牛肉として美味しくいただいた後の、牛の「皮」も活用しているという循環になっています。


また(スキン)や(ハイド)とついているのは、サイズの違いです。「スキン」や子牛革、羊革など薄くて軽く、小さいサイズの革につきます。

 

「ハイド」は、成牛革、馬革のように25ポンド(約11.5kg)以上ある厚くて重い革を指します。


(1) ハラコ

 

ハラコとは、胎児〜生後間もないほどの子牛の革です。短い毛のついた素材で、なめらかな独特の風合いがあります。表皮と一体化しているようなつややかな毛並みが特徴です。

 

出産前に死亡した牝牛のお腹にいた仔牛や、死産した子牛から採られます。そのため、ほとんど市場に出回ることはない希少かつ高価な革です。

 

現在市場に出回っているものは、「ポニー」と呼ばれる毛つきの馬革がほとんどで、中にはフェイクレザーの「ハラコ調」と呼ばれる素材も多くみられます。

 

(2)カーフ(スキン)

 

生後6ヶ月くらいの子牛の革のこと。薄手でキメが細かく、最も上質と言われています。

表面に凹凸がなくスムーズな手触りで、薄さや柔らかさから最高級のクオリティ。


その代表格がボックスカーフと呼ばれるもの。

 

短時間クロムなめしを施し、素材の表情を残しながら、艶やかな見た目の美しさと傷つきにくい丈夫さをプラスした、“いいとこ取り”のカーフと言えます。

 

経年変化も楽しむことができ、タンニンなめしのように極端に表情が変わってしまうことがないので、使い込んでもくたびれた感じにならないのが大きなメリットです。

 

(3)キップ(スキン)
生後6ヶ月〜2年くらいの、カーフよりやや厚手の革。カーフについで上質です。

キメの細かさと強度の両方を兼ね備えています。

 

(4)カウ(ハイド)
生後2年を経過したメス牛の革です。革の厚さは雄牛ほどではなく、やや柔らかさを持っています。

カーフスキンやキップスキンより厚みがあり、丈夫さが特徴です。

 

(5)ステア(ハイド)
生後3〜6ヶ月以内に去勢された、2年以上を経た雄牛の革です。もっとも市場に多く流通しています。

去勢されていない雄牛の革(ブルハイド)と比較すると、革質がやわらかくなっています。厚みが均等であり、様々な用途に使用可能です。

 

(6)ブル(ハイド)
生後3年以内の、去勢されていない雄牛の革です。活動的なので体中に傷があることも多いです。

牛革の中でも最も固く丈夫である一方で、しなやかさや柔らかさはありません。

 

主に革靴のソール、家具、工業用のベルトなどに使われています。

バッグや靴には不人気と言われていますが、あえてワイルドな質感を重視したかばんなども登場しています。

 

 

(7)バッファロー(水牛)
東南アジアなどでは、田畑を耕したりする際に活躍する水牛の革です。

 

革は厚く、肩の部分に大きなシワがあり、線維組織は粗いものの独自のシボ感やタッチ感があり丈夫です。
絶滅危惧種に指定されている「バイソン」とは種類が異なります。

 

【コラム】◆革製品の取引単位


革の取引は、動物の種類、品種、年齢などで1枚1枚大きさが異なるため、“面積”=「1DS(デシ)」を基準に取引が行われます。1DS=10cm×10cmの面積が基準で「1d屐(1デシメートル)が正式名称です。
電子計量器にかけられた革が「1枚130DS(デシ)」だとすると、1デシあたりの金額が100円だとすれば、革1枚分の価格は「13,000円」ということになります。

 

〜〜〜〜
◆参考資料
日本皮革産業連合会 販売研修用テキスト http://www.jlia.or.jp/


━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての、知られざる知識あれこれをこれからもお伝えしていきます。
また次回もお楽しみに。


CHIENOWAコミュニケーション 川崎