【新着】FESON アドバン切目シリーズに新色追加しました。

お知らせ

新色「緑」を入荷しました。

ymmgreen.jpg

 

独特のツヤとアンティーク調で人気の高いFESON アドバン切目シリーズ4商品に新色「緑」が登場しました。

深い緑色はこれからの季節にぴったり。ワイン、茶、ブルーも取り揃えております。コバ(切断面)処理による切目の美しさを是非、その目でご確認くださいませ。

 

特別感あふれるレザーをカジュアルに。アドバン切目キーホルダー

アドバン切目キーホルダー

【FESON(フェソン)】アドバン切目キーホルダー
5,184円(税込) 全4色

 

名刺交換の際に、上品な印象をお客様に。パスケースとしても。アドバン切目名刺入

アドバン切目名刺入

【FESON(フェソン)】アドバン切目名刺入
13,608円(税込) 全4色

 

普段使用する場面を意識した作りと美しさを備えたアドバン切目二段札入

http://shop.kawanowa.com/?pid=103280224

【FESON(フェソン)】アドバン切目二段札入
24,840円(税込) 全4色

 

ファスナーポケットにもこだわり、高級感が溢れる。アドバン切目ファスナー付束入

【FESON(フェソン)】アドバン切目ファスナー付束入
28,080円(税込) 全4色

 

 

革見本請求サービスを開始しました

KWNW-SV01_01.jpg

 

KAWANOWAでは、一流の職人が作った質の高い革製品を販売しています。

ネットでの販売では、革の質感や実際の色味が分かりにくい、との声にお応えして、

革見本請求サービスを開始いたしました!


サイトで気になっている商品がございましたら、 革見本請求サービスをご利用ください。

1度に3枚まで無料で郵送させていただきますので、お気軽にご請求くださいませ。

ご請求の際には、ご希望の商品とカラーを記載の上、ご注文ください。

 

ご請求の際は、 革見本請求サービスにて商品を代引きでご注文を頂きますが、「郵送」にて無料で送付いたします。

配送料や代引き手数料はかかりませんので、ご安心ください!

 

※郵送のため、日時指定は請け負いかねます。 

※お届けはと請求いただいてから1週間ほど頂きます。なお、ご要望いただいた革の種類によっては、2週間ほど頂きます。

※革は一枚一枚質感や色の染まり方が微妙に異なります。予めご了承ください。

【新着】シャークレザーコードクリップが新発売!

お知らせ

コードクリップに新たな素材が登場

【ヒロセ】シャークレザーコードクリップ

【ヒロセ】パイソンコードクリップを手掛けるヒロセからシャークレザーのコードクリップを新たに入荷しました。カラーはパールブラック、バニラ、ブルーをご用意しております。

 

【ヒロセ】シャークレザーコードクリップ

【ヒロセ】シャークレザーコードクリップ

540円(税込) 全3色

パイソンとは異なる触感で、硬めのコードをまとめるのにぴったりの商品です。

キーチャームとして鍵のアクセントとしても素敵。

 

商品に使用されている革の質感をご確認出来ます

KWNW-SV01_01.jpg

 

KAWANOWAでは、一流の職人が作った質の高い革製品を販売しています。

ネットでの販売では、革の質感や実際の色味が分かりにくい、との声にお応えして、

革見本請求サービスを開始いたしました!


サイトで気になっている商品がございましたら、 革見本請求サービスをご利用ください。

1度に3枚まで無料で郵送させていただきますので、お気軽にご請求くださいませ。

ご請求の際には、ご希望の商品とカラーを記載の上、ご注文ください。

 

ご請求の際は、 革見本請求サービスにて商品を代引きでご注文を頂きますが、「郵送」にて無料で送付いたします。

配送料や代引き手数料はかかりませんので、ご安心ください!

 

※郵送のため、日時指定は請け負いかねます。 

※お届けはと請求いただいてから1週間ほど頂きます。なお、ご要望いただいた革の種類によっては、2週間ほど頂きます。

※革は一枚一枚質感や色の染まり方が微妙に異なります。予めご了承ください。

 

KAWANOWA1周年記念キャンペーン開催中!

KAWANOWAはおかげさまで1周年を迎えました!一周年記念プレゼントキャンペーン実施中

 

8月1日 KAWANOWAは皆様のご愛顧を受けまして、開設1周年を迎えました。
そこで1周年記念キャンペーンと致しまして、
kawanowa参加メーカーより、ささやかながら素敵なプレゼントをご用意いたしました!


キャンペーン期間中にカート総額10,000円以上ご購入のお客様へ、
プレゼントいたします。

 

ご購入いただいた商品のメーカーのプレゼントをご購入の商品と併せてお送り致します。
なにが届くのか、届いてからのお楽しみです。

 

【開催期間】
2017年9月1日(金)12:00〜2017年11月30日(木)14:00

 

【注意事項】
一度のお買い物で、カート総額10,000円以上が対象となります。
キャンペーンの適用は期間中何回でも可能となります。
期間中のご注文で、2017年11月30日(木)14:00までに正常にご注文お手続き完了となった商品が対象となります。
お客様都合による注文のキャンセルはキャンペーンの対象外となります。

「日本での、革のうまれるまち探訪」その3
<埼玉県 草加市>

革の知恵袋

「KAWANOWA」は「革の輪」。とはいえ、「革」についての知識ってどのくらい持っていらっしゃいますか?

さて、1回目「姫路」2回目「墨田区」に引き続き今回は「革のうまれるまち探訪 その3」は埼玉県、それも「草加市」。東武東上線で都心まで一本で通勤できる便利さもあって、東京のベッドタウンとしても栄えている草加市。

 

「え?草加市っておせんべいの名産地じゃないの?」という声が聞こえて来ますが、もちろんそれはそれで全国的にも有名です。けれど他にも、草加の地場産業って実は意外なものがあるんですよ。探索してみましょう。

1.「埼玉県 草加市」

(1)草加の三大地場産業とは

草加市は埼玉県の東の端に位置し、東武線で通勤もラクということもあって、ファミリーに人気のエリアです。

実は草加市には、古くからの地場産業が3つあります。
ひとつは全国的にも有名な「草加せんべい」。江戸時代にお米の団子を乾燥させ保存食としていたものを宿場町であった“草加宿”で販売したのが始まりだとか。昔から米どころでもあり、また醤油醸造の野田市(〇ッコーマンが有名)も近いことから、せんべい作りに適していたそうです。

あと二つは、意外ながら「浴衣」と「革製品」なのです。

「浴衣」は江戸時代に、神田の染織業者が大火により焼き出され、水の豊富な当時の草加に移住し、事業を再開したのが始まりと伝えられています。

革製の手すり

そして「革製品」
草加市に革業者が集まって来たのは昭和10年頃と言われています。革なめし業者や革職人などの関連業者が、浅草や隅田などの東京都内から、工場用地を獲得しやすい草加市内に拠点を求めて移転してきたのが始まりだとか。
やはり浴衣も革製品も、「綾瀬川」の豊富な“水”の存在は不可欠だったのですね。

(2)草加の革産業の特徴

インテリアにさりげなく革!

草加の革産業の特徴は、牛、豚、羊のほか爬虫類やシャーク(鮫)などのエキゾチックレザーまで、多種多様な素材を使用している点にあります。製品では、靴やかばん、衣料品、グローブ、インテリア雑貨、珍しいところでは“太鼓”などバリエーション豊富な商品が生み出されています。

また、このエリアは他2つの“革のまち”と異なり、「原皮」から「鞣し」「縫製」「仕上げ」と、“原料の製造”から“製品の完成”まで一貫した業者が集まっているのが特徴です。革づくりから製造までを、近場のネットワークでできることが他の産地にない大きな強みとなりました。

そんな草加市にはタンナーさんもあります。

大きな牛革!

そこで最近では、草加の作り手たちが連携し、この地のモノづくりの強みを活かした「レザータウン草加プロジェクト」をスタート。5年前からはエコレザーを使った「彩鞄(さいほう)」ブランドを立ち上げました。エコレザー素材とは、自然にもヒトにもかかる負荷を少なくして、厳しい品質基準をクリアした革素材のことです。

また、現在草加で活躍する中心的な10社のなかには、高価な爬虫類の鞣しを得意としたり、海外著名ブランドの修理を専門に行ったりと、他にはないオリジナリルな力を発揮しているところも少なくないとか。

“草加せんべい”だけでなく、草加が『革のまち』であるという認知度をもっと上げて、この地域全体の価値をアップさせていきたいと、草加のまちが一体となってがんばっています。

彩鞄ブランド バッグや小物が並びます

さて草加で「革」というのも意外でしたね。「せんべいだけじゃない」草加のまちも、少しでも知っていただけると嬉しいです。

◆参考URL
草加市ウェブサイト(http://www.city.soka.saitama.jp/
彩鞄ウェブサイト(http://soka-saiho.jp/craftsmen/
埼玉皮革関連事業協同組合(http://soka-saihou.jp/
ジャパンエコレザー(http://ecoleather.jlia.or.jp/

 


KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての、知られざる知識あれこれをこれからもお伝えしていきます。
また次回もお楽しみに。