「KAWANOWA」な人たち Vol.12後編
有限会社アヴェニュー 代表取締役 阿部三千生さん
「素材選びから型紙、製品作りまで一貫して行える実力派メーカー」

KAWANOWAな人たち

 

IMG_7795.JPG

独立当時から使われていたという機械も現役
前編はこちら

前回までは「アヴェニュー」の阿部三千生社長が培われてきたハンドバッグづくりのきっかけ、そして営業畑を経験されたことで出会った、貴重な人脈などのお話を伺いました。

さて、早速続きです。

デザイナーの世界観をともに作り上げる

阿部社長は、大手ハンドバッグ卸のある営業マンの方と出会います。

当時ライセンスブランド一辺倒だった時代、モダンなデザインで瞬く間に人気を博した、あるPB(プライベートブランド)のサンプル依頼と製品づくりまでを任されることになりました。

IMG_7795.JPG

バックヤードには革がたくさん。ここにあるのはほんの一部。

「それから本当に忙しくなりましたね。いままでのものづくりのやり方ではありえないようなデザインが次から次へとやってきて、『こんなのは無理』、『いや、これじゃないとダメだからぜひお願いします』と毎回押し問答(笑)。

けれど、デザイナーの言う通りに作ってみると、これが見たこともないバランスで素晴らしい出来栄えなんですよね。その時に、自分の今までの発想のなかでものづくりをしていては狭いものしか生まれない。柔軟に考えてみよう、という気持ちが湧いてきたんだと思います」

と阿部社長は語ります。

IMG_7795.JPG

手掛けたバッグの数だけ金型もたくさん。

事務所の箱の中にしまわれている、おびただしい数のサンプルを出していただきました。こちらがワァっと叫んでしまうようなユニークなデザインのバッグや、見覚えのある懐かしいヒットデザインも。

丁寧なくるみボタンや、革貼りした口枠など、難しいテクニックばかりが次々と出てくるのも、アヴェニューさんの技術力ならではです。

職人さんとの厚い信頼関係

IMG_7795.JPG

手掛けたバッグの設計図もたくさん。この設計図を基に型紙を作成します。

特に阿部社長がお付き合いしている職人さんたちは、40年以上もバッグづくりを手掛ける超ベテラン揃い。特に専属でお願いしている方がほとんどで、お互いの信頼関係が厚いことが伺えます。

「最近よく聞くような、工賃を叩くようなことは決してしたくないんです。しっかりといいものを作って下さい、その代わりちゃんと工賃は払いますから、という安心感が持てる関係性でないと、市場に胸を張って出せる商品を作ってもらえない。」

と語る阿部社長。言葉にはとても重みがありました。

IMG_7795.JPG

たくさんの糸が並ぶ棚。

やはりご自身が職人だった経緯があり、その仕事の大変さもすべて知っているからこそ、相手との“阿吽の呼吸”が生まれているのだと感じます。「問屋も職人もデザイナーも“三方よし”」であることを、本当に大切にされていました。

オリジナルブランドへのチャレンジ

 二人三脚で多忙を極めてきたハンドバッグづくりでしたが、新しいジャンルへのチャレンジを欠かさない阿部社長は2016年、オリジナルブランド「アヴェニュー・ストーリー」をスタートします。

ご自身でデザインし型紙を起こすことも可能ではあったものの、あえてそれをせず外部に依頼したのには理由がありました。

「ものづくりはしてきたしデザインも手掛けてはきたが、作れば作るほど“これでいいのか?”と疑心暗鬼になっていく。デザインというのは、また別の次元の発想が必要なのではないかと思っていました。だったらプロの方に頼んで“今の空気感”を表現してもらい、自分はものづくりに徹する方が良いと考えました。」

ソフトエナメル(シェブロン加工)被せ付ボストンバック

ソフトエナメル(シェブロン加工)被せ付ボストンバック。鮮やかなブルーの花柄の裏地。

現在依頼しているのは、海外在住経験がありインテリア業界からこちらに転身してきたという、異色のキャリアを持つデザイナーさん。

ディテールに気を配りつつ、更に女性がバッグを開けた時に“気持ちがアガる”ような裏地選びには、気を遣っているとのこと。

IMG_7795.JPG

持ち手部分の金具に注目。小さな環っかを仕込んである。

確かに、KAWANOWAでのヒットアイテムである「ソフトエナメル(シェブロン加工)ボストン」は、裏地にはなんとブルーの花柄。ベージュや黒など地味な裏地が多い中で、女性の気持ちがグッと掴まれるポイントとも言えます。

ハンドルの根元には、金具がスムースに動くよう小さな環っかをしのばせるなど、見えないところこそこだわりが感じられます。

ィメンズ2WAY迷彩柄生地バック

ウィメンズ2WAY迷彩柄生地バック。こちらの裏地は実は薄パープル。

ブランド名には、『いくつもの道が人生にはあり。ひとりひとりの道はあなたの物語。あなたとともに。』

というメッセージが込められています。まさに女性に寄り添う“パートナー”のようなバッグとも呼べそうです。

「鶴岡シルクプロジェクト」とのコラボレーション

そして、最近になって阿部社長は「きびそ」という素材にも出逢います。「きびそ」とは蚕が繭を作るときに最初に吐きだす糸のこと。

これまでは固くゴワゴワして製品化には不向きと言われていましたが、紡ぎ方を工夫することで独特の風合いが出るということがわかってきました。

阿部社長が手掛けた「きびそ」を使用した口金バッグ

山形県鶴岡市で「シルクプロジェクト」に携わる方とのご縁で、この「きびそ」を使ったバッグのサンプルを作ってほしいという依頼が舞い込みます。

鶴岡市は明治以降、戊辰戦争に敗れた元庄内藩士らが、桑園の整備や養蚕を推し進めてきた街。現在も、「鶴岡シルクタウン」を掲げ、養蚕にまつわるブランディングや様々なイベントを立ち上げています。

「革とは全く違う素材で最初は戸惑いましたが、なんとかこの素材が生きる方法はないかと試行錯誤しました。イベント会場にも並び、新しい“きびそ”の魅力を伝えることができたのではないかと思います。」

と阿部社長は顔をほころばせました。

新しい素材に対しても、様々な方法を駆使してチャレンジを続ける阿部社長。そして二言目には必ず「周りの人の助けがあったから」と謙虚な姿勢であり続けるところに、アヴェニューさんのもう一つの魅力があるのではないかと感じました。

KAWANOWAでもキラリと光る製品が並んでいます。ぜひ一度見てみてください。

この度はありがとうございました。

有限会社アヴェニューの商品はこちら

◆有限会社アヴェニュー 「アヴェニュー・ストーリー」
千葉県松戸市下矢切83-7 047-703-5751

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝

「KAWANOWA」な人たち Vol.12前編
有限会社アヴェニュー 代表取締役 阿部三千生さん
「素材選びから型紙、製品作りまで一貫して行える実力派メーカー」

KAWANOWAな人たち

IMG_7795.JPG

素材選びから手掛ける実力派メーカー 阿部三千生さん
後編はこちら

「KAWANOWA」のなかでも小規模なメーカーながら、著名なブランドのOEM(相手先ブランド生産)デザイン、プライベートブランドのデザインからサンプル品まで、一貫してバッグを制作する実力派「有限会社アヴェニュー」さん。

なんとご夫婦二人で切り盛りしていることに驚きですが、今までも数多くの高品質な製品を輩出し、ものづくりの実力たるや目を見張るばかりです。

社長の阿部三千生さんと、経理とECをご担当する奥様の和子さんのお二人に、これまでのものづくりや仕事の考え方について伺いました。

“かゆいところに手が届く”デザイン

現在「KAWANOWA」に掲載中の「アヴェニュー・ストーリー」は、ちょっとひねりの効いたデザインや、ユニークな裏地、ベストサイズのポケットなど使い勝手の良さが魅力。主張は控えめながら“かゆいところに手が届く”デザインが秀逸です。

素材も革だけにこだわることなく、ナイロンとのコンビネーションやパッチワーク使いなど、女性がワクワクできるようなアイテムが揃います。

IMG_7795.JPG

光沢のある素材で、見る角度によって表情が変わります。

社長の阿部三千生さんは、この業界では珍しい“一代目”社長。歴代のしがらみなどがないので新しいアイデアにはどんどんチャレンジし、いまも現役で革のハンドバッグづくりを続けています。

現在こちらの事務所では、デザイナーから上がってきたバッグのデザイン(図面)から型紙を起こす作業や、サンプル製作、検品、タグ付けなどの作業を行っています。

そしてこの仕事に携わることになった始まりをお聞きすると、なんとご兄弟がきっかけだったとか。当時のエピソードを伺いました。

ウィメンズ革コンビ2WAYバック

ウィメンズ革コンビ2WAYバック。素材感の異なる革を組み合わせたデザインが秀逸。

口枠のセカンドバッグがヒット

「実は兄が、叔父の営む会社でバッグ職人の修行をしていました。その会社は、当時は技術も難しく手掛けるところがあまりなかった“口枠のセカンドバッグ”が作れる専門の業者でした。

60、70年代には本当によく売れたんです。私も誘われるままに叔父の会社で働き、腕を磨いてから、兄と共に独立します。

IMG_7795.JPG

今では作る人が少なくなった、口枠のハンドバッグ

最初は二人で盛り立てていましたが、しばらくすると兄は『もっと別の仕事を探す』と言って突然去ってしまいます。とても腕がよかったのにどうして辞めたのか、今でもよくわかりませんが…」

と苦笑する阿部社長。

とはいえ、思い返すとその会社で磨いた“口枠づくり”の腕がものを言い、その後のものづくりへの布石となった、と阿部社長は振り返ります。

営業経験を通じて更に世界が広がる

一通りの職人としての研鑽を積んでのち、「外の世界も見なくてはいけない」と思い立って営業の仕事にもチャレンジすることになります。

様々な企業に積極的に出向いて、“営業提案”や“リアルな現場”の知識を積み重ねることで、ものづくりに留まらない幅広い視野を身に着けられました。

そして当時は、三本の指に入ると言われていた大手ハンドバッグ卸の会社に出向き、ある営業マンの方と運命的な出会いを果たします。

二人は意気投合し、その方が思い描くイメージ通りのサンプルを作れるよう、何度も通いつめ、新しいデザインを提案していきます。

やがて、ものづくりの技術力だけでなくトライアルの姿勢が認められ、当時ライセンスブランド一辺倒だった時代、モダンなデザインで瞬く間に人気を博した、あるPB(プライベートブランド)のサンプル依頼と製品づくりまでを任されることになります。

そして同じ頃、叔父様の会社からも独立を果たしました。平成九年のことでした。

IMG_7795.JPG

独立までのお話し、楽しく聞かせていただきました!

真摯にハンドバッグ作りに没頭されてきたということが、阿部社長の言葉の端々から伺えました。

次回は、最近始められたという新プロジェクトについてのお話を伺いました。そちらもお楽しみに。

 

◆有限会社アヴェニュー 「アヴェニュー・ストーリー」
千葉県松戸市下矢切83-7 047-703-5751

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝