「KAWANOWA」な人たち Vol.11後編
株式会社サトー 代表取締役 佐藤晃一郎さん
“何を売るか、どう売るか”のアイデアを常に考ています」

KAWANOWAな人たち

 

IMG_7795.JPG

出荷を待つバッグが圧巻
前編はこちら

前回までは、株式会社サトーの佐藤社長が傘メーカーの仕事からバッグへと転身されたストーリーでした。

カタログギフトで10色展開のマザーバッグを提案するという、今までなかった切り口を考えたというお話しでした。もちろん、その続きがあります。

“セミオーダー”のバッグをカタログ誌上で仕組み化

IMG_7795.JPG

カタログで「自分仕様」が作れる。

次にチャレンジされたのが、カタログギフトでは画期的である「セミオーダーバッグ」でした。一般的には、カタログ掲載のアイテムをお客様に注文してもらい、指定された商品を発送するというのが一連の流れです。

そうではなく、カタログの誌面上で「革の素材はシュリンクレザーかオーストリッチの型押しか?」、「バッグ本体のカラーは何色か?」、「手ヒモは長いか短いか?」、「内側の生地の色は何色か?」と、200通りのパターンから自由に選び、自分だけの一本を作ることができる仕組みを作りました。

カタログギフトとしては画期的な試みであり、佐藤さんが依頼しているメーカーさんとの信頼関係があってこそ可能なチャレンジと言えるでしょう。

IMG_7795.JPG

持ち手部分の長さが選べるのも楽しい

心躍る“買い物体験”を楽しんでほしい

実は、カタログギフトを活用するのは地方のシニア世代。贈り物や返礼文化が根強いため、まだまだなくなることはないジャンルなのだとか。

また地方では、百貨店のクローズが続き、商店街もシャッター通りになっている昨今、心躍るものが買える場所がシニアにとって少なくなってきています。

都心部であれば、オーダーバッグを作る機会は身近にあるかもしれませんが、地方のシニア世代にとって、好きな色を組み合わせてバッグを作れる機会などないため、きっとワクワクする時間に違いありません。

IMG_7795.JPG

お客さまの好みの色味や質感で作られたバッグが並びます

「こんな面倒なことは、普通の職人さんだったらやりません(笑) 。私の立場で、お客様がどんなことに興味を持ち、どうすれば喜んでくれるかを常に考えるからこそ思いつくことなんですよね。 今では日本全国から毎月500件ずつ依頼が来ていて、生産が追い付かないくらいです。」

と、笑顔の佐藤社長。

新しい事務所には、納品されたバッグが所狭しと並び、天井からも在庫が下がっているほど。「KAWANOWA」のリーフレットもさりげなく封入され、日々出荷に追われているとのことです。

「ふじやま織」に惹かれてバッグを製作

 ギフトカタログの誌面上に、今までなかった「10色展開のマザーバッグ」、「オーダーバッグ」、「職人のフューチャリング」などの様々な切り口を掲げ、オリジナリティを発揮されてきた佐藤さん。

そしてKAWANOWAでも人気の高い、華やかな織物である「ふじやま織」についてお聞きしました。

IMG_7795.JPG

ふじやま織の華やかな糸

「富士山のふもとの富士吉田市には、数多くの機織りメーカーがあります。富士の湧き水で先染めした極細の糸を、職人が丹念に何度も打ち込む“高密度な織り方”が特徴です。美しいドレープや光沢感を持つこの織物の美しさに、いっぺんに魅了されてしまいました。

私のところでは宮下織物さんの素材を使っています。約一万種という膨大な見本帳の中から、このクジャク柄やローズ柄などバッグに合う織り柄をセレクトしました。軽く仕上がる上に気軽に持っていただけるよう、ポリエステルとアセテートを半々くらいで使っています。」

【ふじやま織】手提げバッグ(マグネット)

【ふじやま織】手提げバッグ(マグネット)

上品な光沢と美しさが特徴のサテン、タフタ、シャンブレー等は、主に舞台衣装やウエディングドレス等に使われています。ヨーロッパコレクションに出るような著名ブランドにも、サンプルを出すこともあるのだとか。

またこの「ふじやま織」は、富士吉田市の街起こしの象徴としても位置付けられており、実は佐藤社長のふじやま織のバッグは、富士吉田市の「ふるさと納税」の返礼品カタログに掲載されているとのことです。

次々に立ち上がる新しいアイデア

もちろん佐藤社長のこと、「ふじやま織」の次のアイデアも温めているとのこと。日本で豪華な織物といえば京都の「西陣織」が代表格。金糸銀糸を使って文様が浮き出るように織られた“金襴(きんらん)”と呼ばれる織物を指し、一般的な西陣織の帯でも数十万円以上するものがほとんどです。

IMG_7795.JPG

カジュアルに持てる西陣織バッグを考案中

その時に佐藤社長が組んだのは、絹ではなく「ポリエステル糸」を使い、小ロットでも対応する西陣織メーカーでした。

「こうすることで価格もこなれ、カジュアルに使うことができるようになりました。輝きのあるゴージャスな見た目でありながら、軽くて洋装にも持てるものに仕上がりました。日本が持っている“伝統素材”を、そのままではなく『いまのライフスタイル』に活かすようなモノづくりを考えていきたいですね」

と佐藤社長は語ります。

「売る」ということに真摯に向き合い、次々と新しい商材と出会ってきた佐藤社長。柔らかい発想とエネルギーには元気を頂きました。

「KAWANOWA」に掲載された「ふじやま織」や「印伝」のかばんたちには、そんなエピソードが隠されていたのですね。確かに目の前で素材を拝見すると、一本一本の糸が放つ輝きが確認でき、吸い込まれそうになりました。みなさまも、今一度商品を見ていただけると嬉しいです。

この度はありがとうございました。

ふじやま織(サトー)の商品はこちら

◆株式会社サトー
東京都墨田区東駒形1-6-14 肥田ビル1F 03-3625-0737
URL http://kodawari-senka.com/

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝

「KAWANOWA」な人たち Vol.11前編
株式会社サトー 代表取締役 佐藤晃一郎さん
“何を売るか、どう売るか”のアイデアを常に考ています

KAWANOWAな人たち

IMG_7795.JPG

アイデアを形に。株式会社サトー 代表取締役 佐藤晃一郎氏
後編はこちら

「KAWANOWA」の中でも、レザーにとどまらず様々な素材のバッグを提案している株式会社サトー。「ふじやま織り」や「印伝」など、“和”のテイストを取り入れた普段づかいしやすいアイテムを得意とされています。

「新しい素材を発見し、しっかり売ること」にこだわり、様々なアイデアを形にしてきた代表取締役の佐藤晃一郎社長。常に考えている、“売るためには何をすべきか”に関して、ご自身のユニークな哲学を伺いました。

傘メーカーでの仕事からスタート

佐藤社長は、もともとは祖父の代から始められた「傘メーカー」の三代目。傘で培った体験が、いまの仕事に大いに生きているそうです。

実はこれら「ふじやま織」や「印伝」の商品に関して、“製造”しているのではなく、素材を見つけて“プロデュース”するお立場の方になります。

IMG_7795.JPG

印伝のポシェット

現在の主な販路は、一般的に結婚式の引き出物や香典返しなどに活用される「カタログギフト」と呼ばれるカテゴリーがメイン。商材も、レザーから生地ものまでバリエーション豊富に揃っているのも特徴です。

 

佐藤社長が傘メーカーで働いていた、今から2、30年以上前。当時は、「傘を買い求める」といえば百貨店がメインだった頃で、今のようなビニール傘も普及しておらず、大手傘メーカーの商品がデパートの売場を占めていた時代です。

 

佐藤社長も、雨が降るたびにどのメーカーよりも早く百貨店に飛んで行っては、積極的に納品を続けていきました。かといって、毎日傘がコンスタントに売れるわけでもなく、佐藤さんの父親が経営していた傘メーカーも苦労の連続だったといいます。

IMG_7795.JPG

原点である傘も取扱っています

10色展開のマザーバッグがはじまり

ある時、ふとしたきっかけでバッグメーカーの知り合いの方から、「バッグは傘以上に安定的で好調な商材」ということを耳にします。持ち前のチャレンジ精神から、「それではやってみようと」初めてバッグを手掛けることに。今から15年くらい前だそうです。

 

最初は、マチの太い“マザーバッグ型”のトートを、初っぱなから“10色展開”してみたとか。黒茶のバッグが全盛の頃に、10色とはなかなかの冒険だったのではないでしょうか。

 

「当時は右も左もわからないけれど、とにかくバッグ作りにこだわってみたんです。10色展開という発想は、実は傘メーカーの時代のアイデアでした。 ある大手傘メーカーが、売場で傘を“36色展開”していたことが強く印象に残っていて、ぜひバッグでもやってみたいと温めていました。異業種から学べることって、実はたくさんあるんですよね。」

と佐藤社長。

 

その10色展開のマザーバッグを、合同展示会「ギフトショー」で初デビューさせると、「カラフル」さと「日本製」ということもあいまって大成功を収めました。

 

その時に、カタログ通販の会社と数社との取引が始まり、本格的にバッグの提案を考えるようになったそうです。

IMG_7795.JPG

取り扱っているカタログはまだまだたくさんあります

“バッグ職人・石井猛雄”ブランドを立ち上げ

 バッグ作りが軌道に乗ってきてしばらくして、中学校の同級生が腕の立つかばん職人をされていたご縁から、「職人・石井猛雄」ブランドを立ち上げます。

当時はまだ大手ブランド志向で、“バッグ職人”というキーワードも世の中に少ない中、作務衣姿の写真をタグに使い、より安心感・信頼感を全面に出す作戦で成功を収めました。

IMG_7795.JPG

石井猛雄氏が手掛けたバッグ

「私自身実は、バッグの“つくり”などの細かな部分に関して、それほど詳しくないんです(笑)。商品を作るのは職人さんたちなので、こちらがあまりに詳しいと“こんなこと頼んだらきっと嫌だろうな”といったことが分かってしまうから。少し距離を置いて、こちらの自由なアイデアを素直にカタチにしてもらうことの方が大切なのではと思いますね」

と佐藤社長。

確かに相手の仕事が“分かりすぎる”ことは、逆に斬新なやり方が生まれないかもしれません。あえてものづくりと距離を取り、“何を売るか”だけでなく“どう売るか”までも考えるアイデアマンの佐藤社長。

仕事をされていく中で、ユニークなエピソードはまだまだ他にもありました。

次回に続きます。

 

◆株式会社サトー
東京都墨田区東駒形1-6-14 肥田ビル1F 03-3625-0737
URL http://kodawari-senka.com/

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝