「雨と仲良く過ごそう」前半

革の知恵袋

こんにちは。

いつも「KAWANOWA」の製品をご愛用いただき、ありがとうございます。

 

毎日暑いですねー。

 

今年7月は例年よりも早い梅雨明け宣言で、各地で酷暑が続いております。ただ西日本の豪雨災害など、“観測史上類をみない”を連発した雨量が続くなど、心配も多いですね。


台風やゲリラ豪雨などもいつどこで遭遇するか分からないので、普段から“雨に対するケア”も不可欠になってきています。
今回のテーマは「雨と仲良く」。そんな天候でも、どうすれば革ものを楽しめるかをお伝えします。

 

 

◆革のしなやかさは「水」と「油」のバランス


革製品はまさに“天然の動物の皮革”。このしなやかさは、皮革の繊維構造を成している「コラーゲン」のおかげです。

 

これらはタンパク質からなる繊維で、皮のほか骨、歯、腱、血管、筋肉などあらゆる組織に分布しています。皮をなめす際には、なめし剤とくっついて「革」を作ります。下記のように、繊維の間に“橋を架け”て丈夫にするというイメージがわかりやすいと思います。
 

コラーゲン繊維構造

 

 

革のしなやかさを保っているのは、「水分」と「油分」。そのどちらが不足しても、革は硬くなったりひび割れたりしてしまいます。ケアの基本は、汚れを落とし、クリームなどで水分と油分を補って、その繊維構造を維持することが第一歩。

とはいえ、今まで“なめし”工程を見てきたように、「皮」が「革」になるまでには、原皮を「洗う」、「鞣す」、「染める」など、大量の「水」を使う必要がありました。

 

もともと革と水は「仲良し」であるがために、実は「水分とは馴染みやすい(親水性)」特徴を持っています。その特徴から、高い「吸湿性・放湿性」が生まれるため、靴などで「通気性が良い」と言われるゆえんです。

 

 

◆もともとは“丸み”のあった動物の身体

 

万一、革製品が濡れてしまった時に、特にやってはいけないのは「急激に乾かす」こと。早く何とかしたいと、ドライヤーを使ったりストーブの前やクーラーの下などに置いておくのは厳禁です。


たとえば、おなじコラーゲン繊維で出来ている「イカの一夜干し」を想像していただくと分かりやすいかも。熱を加えるとくるんと丸まってしまいますが、もともと動物たちの身体は“丸い形”。革を作る際には、平たい形に伸ばして乾燥させているので、濡れることにより元に戻ろうとします

 

革の脂分が抜けて、乾いた時には風合いが変わってしまうことも。「濡れた状態」+「熱を加える」のコンビネーションの時が、最も革が弱ってしまいます

 

革の種類やなめし方、加工方法によって差はありますが、完成した革は基本的に「水」に対しては強くありません。なので、重要なのが事前の「ビフォアケア」になります。

 

さてそんな時はどうするかというと。。

 

 

◆買ってすぐに「ビフォアケア」を忘れずに

革製品は、使用していくうちに汚れやキズがついてきます。まず、買ってから間もないうちにクリームを塗ることを習慣化しましょう。革に油分が補給されて表面に薄い“保護膜”ができるので、後のお手入れも簡単になります。ちょっとした雨であれば、その保護膜で水濡れから守ってくれます。

 

クリームを塗ったその後に、防水スプレーもかけてください。革ものに使う防水スプレーは「フッ素樹脂」タイプがおすすめ。

 

フッ素系がおすすめ

 

一方で「シリコン系樹脂」もありますが、透湿性がないタイプなので傘や雨靴、レインコート、マリンスポーツウエアなどに向いています。またシリコン系は油汚れなどは防げません。


「フッ素樹脂」は、繊維を細かくコーティングし、適度に透湿性があるので革や衣類の繊維製品に向いています。油をはじく効果もあるので、防汚効果も高いと言われています。

 

成分はスプレーの後ろに記載されています

 

前半はここまで。雨対策に「ビフォアケア」は特に大切ですので、ぜひ「買ってすぐ」の対策を。

次回はいよいよ「濡れてしまってから」のポイントです。

 

 

〜〜〜〜
◆参考
一般社団法人日本皮革産業連合会
販売員研修テキスト http://www.jlia.or.jp/

 

━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての知られざる知識あれこれを、これからもお伝えしていきます。また次回もお楽しみに。


文責: CHIENOWAコミュニケーション 川崎

たくさんある革の種類【まとめ】 その5
<革の仕上げについて 後編>

革の知恵袋

前編までは、「染料」と「顔料」の違い中編では、仕上げの種類をご紹介いたしました。

仕上げの種類はまだまだたくさん!

 

引き続き、「革の仕上げ」について解説します。

 


さまざまな仕上げの種類

 

(11)オイルレザー(ワックス)
オイルをたっぷり浸み込ませた加工法。エイジング(経年変化)の効果も高く、水に強いのも特徴です。

 

使い込むほどに色が濃くなって、奥深い光沢感を出していきます。アウトドアブーツなどに使われます。

 


(12)ウォッシュ加工
字のごとく、革を水洗いする加工法。洗い方や絞り方によって違う表情になります。あえてヨレたシワは、革を丸ごと水洗いして絞ることで表現されます。

 

革にはあらかじめ、硬化や収縮を防ぐ薬品をしっかり浸透させてから水洗いします。
またドラムに水と軽石を入れて回し、表面にアタリとムラを出す“ストーンウォッシュ”も代表的な加工法です。

 


(13)クラック加工
あえて革を痛めて、ひび割れするのを楽しむ加工法です。

 

革の表面に顔料を厚く塗ったあとに、引き伸ばす、揉む、ひっかくなどして顔料にヒビを入れていきます。他にも、乾くとパリパリになる薬品を塗ってからタワシでこするなど、職人によって様々な道具が駆使され、ユニークな表情を作ります

 


(14)パンチング加工
円形、三角形、四角形などの細かい連続穴をあける加工。表面を網目のようなパターンで覆い、軽くてさわやかな春夏向きの表情になるのが特徴です。

 

革ひもを編んだレザーメッシュの代用として開発されたという経緯があるそうです。

 


(15)プリント加工
顔料を使って革の表面にプリントしたもの。最近では、革製品とは思えないようなカラフルな柄が入ったものから、味付けとしてシンプルに入ったものまで、かなり自由度が高い加工方法です。

 

革に写真を転写する「インクジェットプリント」もできるようになり、バリエーションが広がっています。

 


(16)焼き加工
決して火を使うわけではなく、タンニンなめしの革の特徴を活かした加工法です。


なめした後に、染料を塗って乾かす際に、絞る過程のシワを残します。そのクタッとした素材にワックスを擦り込み、高速ブラシでバフィングするとアタリ傷がつきます。この傷が焼け跡の“焦げ目”に似ていることから「焼き加工」と呼ばれています。

 

 

 

以上が「革の仕上げの種類」でした。とはいえ、実はまだまだ紹介できていないものもあります。最近では技術の発達や、ハイテク素材の導入で、いままでにない新しい加工法も生まれています。また改めてご紹介しますね。

 

ご覧のように、加工ひとつとっても“膨大な人の手”がかかるのがレザーの面白さ。“天然皮革”の製品と向き合い誠実に作り続けていくのが、KAWANOWAのメンバーです。これからも“大人が楽しめる革アイテム”を作り続けて参ります。

 

 

〜〜〜〜
◆参考資料
日本皮革産業連合会  http://www.jlia.or.jp/


━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての、知られざる知識あれこれをこれからもお伝えしていきます。
また次回もお楽しみに。


文責:CHIENOWAコミュニケーション 川崎