台北(台湾) ハンドメイドイベント「Connect Asia(愛手創)」に参加してきました!
part2

KAWANOWAさんぽ

今回も前回に引き続き、台湾のハンドメイドイベント「Connect Asia(愛手創)」の様子をお届けいたします。

早速、イベント会場を見ていきましょう!

 

参加型コンテンツが充実したイベント

イベントは初回に比べて、出展参加者は約二倍になりました。おまけに今回から「150台湾ドル(約600円)」の入場料を取ることに。

 

これもイベントとしての付加価値を高めて買い上げ率をアップする工夫だとのことです。

 

 

日本側からは約50ブース、台湾側からはなんと約90ブースあまりが参加。

 

日本側からは、製品がかさ張らないこともあり比較的アクセサリー出展が目立ちました。他にはバッグ、革小物、ニット小物、イラスト、スイーツ、陶器、プリントTシャツ、コスメ、多肉植物、ガラス製品などなど、バリエーションに富んだ内容でした。

 

 

 

各種セミナーやワークショップなど、会場内で開催される参加型コンテンツも充実しており、日本で開催されるハンドメイドイベントと、クオリティでは遜色ない内容になっていました。

 

 

スタート前から会場前に並ぶお客さん達も多く、facebookをはじめとするSNSの効果が大きいことを感じさせます。台湾では圧倒的にfacebookが支持され、名刺代わりに「QRコード」を書いた紙を渡されます。

 

どんな場所にもQRコードがあるのが特徴で、そこにアクセスして情報を得るのが日常になっています。この辺りは、デジタルネイティブ世代の多い台湾ならではの光景ですね。

 

ショップカードには必ずQRコードが入る

日本からの出展者は、小規模でモノづくりを行っているクリエイターブランドが多かったです。

 

企業としての参加もありましたが、その中でも台湾の方が好む日本らしいオリジナルブランドを持ってきていました。「戦国武将」や「萌キャラ」などのキーワードが人気なようです。
 

Part2はここまで。次回はいよいよ台湾の革もの事情を探ってみます。

 


〜〜〜〜
◆参考資料
Connect Asia https://www.facebook.com/IsHands.asia/

━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての知られざる知識あれこれを、これからもお伝えしていきます。また次回もお楽しみに。


文責: CHIENOWAコミュニケーション 川崎

台北(台湾) ハンドメイドイベント「Connect Asia(愛手創)」に参加してきました!
part1

KAWANOWAさんぽ

こんにちは。

いつも「KAWANOWA」の製品をご愛用いただき、ありがとうございます。

 

5月下旬にはこちらで、台東区のものづくりイベント「モノマチ」のレポートをアップさせていただきましたが、気候的にも穏やかなこの季節はどこもイベント三昧。

 

実は日本国内だけでなく、アジアでもいま「手作りイベント」がちょっとしたブームになっています。唐突ではありますが、今回はちょっと足を伸ばして日本を脱出。台湾の首都、台北で行われていたハンドメイドイベントを取材して参りました。

 

会場内のフラッグ

 

アートなリノベーション施設が充実した台北

昨年11月に第1回目が開催された、日台合同のハンドメイドイベント「Connect Asia(コネクトアジア/愛手創)」。今年も6月の1、2、3日の三日間、第2回目が開催されました。

 

入口に掲げられたフロアガイド

日本と台湾のクリエイターが合同で出展し、お互いに実際のものづくりを見て触って見聞を深め、ECにとどまらない“リアルなコミュニケーション”を取ろう、という目的で開催されたものです。

 

場所は「華山1914文創園区」。日本統治下時代の1914年に建てられた古い酒造工場をリノベーションした、カルチャーやアートがミックスしたイベント施設で、この三角の屋根が工場跡の目印。

 

ツタも絡まってちょっとレトロです。(写真は11月のものです)

約4.5haの土地にエキジビションスペース、名画座、音楽ホール、レストラン、カフェ、ライフスタイルショップなどなど、何棟もの文化&商業施設が並んでいます。

 

ショップの建物の中には、オーダーで革製品を作る職人さんたちもいて、バッグや財布、キーケースなどを目の前で作製していました。
 

ペンキのはげた柱や、赤茶色のレンガ作りの建物など、昔ながらの趣を残した作りがいい雰囲気。リノベーションする前はうっそうとした廃墟だったようで、その当時の写真も残っていました。
 

ここは台湾政府の「文化省」が主導して開発し、国内のクリエーション活動に力を入れているというのですから、なんとも羨ましい限りです。

 

台北の市内には、クリエイター達が入居できる無料のコワーキングスペースなどが充実しているとのことで、ブランドを立ち上げたい人にとってはハードル低めから始められるのもユニークな取り組みです。

 

またここ「華山1914」だけでなく、タバコ工場をリノベーションした「松山文創園区」という、これまた“蔦屋書店”が参考にしたと言われる有名な書店もあります。

 

それぞれ古い建物の佇まいを活かしながら、新しいものとモダンに融合させているのが“いまの台湾”の姿なのだと感じます。

 

松山文創園区。古い建物の向こうにモダンなホテルが

Part1はここまで。次回は早速イベント会場に入ってみます!

 

 

〜〜〜〜


◆参考資料
Connect Asia https://www.facebook.com/IsHands.asia/

 

━━━
KAWANOWAは、「革とオトナのいい関係」を作っていくサイトです。
革についての知られざる知識あれこれを、これからもお伝えしていきます。また次回もお楽しみに。


文責: CHIENOWAコミュニケーション 川崎

 

第10回モノマチに行ってきました!

KAWANOWAさんぽ

モノマチで知る「モノづくり」の力

 

5月25日(金)~27日(日)に掛けて行われた第10回モノマチ

 

御徒町~蔵前~浅草橋の地域は、古くから製造、卸の集積地としての歴史を持つ地域です。

KAWANOWAに参加いただいているメーカーさんも、この近辺に多くあります。

 

今回、クリエイターズマーケットに出店しつつ、ちょっとだけモノマチを探索してきました。

 

御徒町駅前パンダ広場から散策開始

 

 

御徒町駅を出てすぐのパンダ広場では、モノマチクリエイターズマーケットを開催していました。

特設のテントが軒を連ね、各地から集まってきたクリエイターが、選りすぐったアイテムを紹介、販売されています。

 

 

モノマチのイメージカラーで揃えたエプロンが可愛らしいインフォメーションで公式ガイドブックと地図を入手。

ここから散策に出かけます。

 

東上野エリアまで、ぶらり散歩

KAWANOWAに参加して頂いていているメーカーさんが、東上野エリアにて、

ワークショップを開いているとのこと、早速、遊びに行ってきました。

 

御徒町駅から春日通りを隅田川方面に歩いて10分ほど。

はじめに「革小物、財布のお店 mic」さんです。

 

ラモーダ・ヨシダが手掛けるブランドmicは、機能性と使い心地を追求した財布を多数展開しています。

 

 

KAWANOWA BLOGでは、革の知恵袋シリーズで度々登場しているこちらのお店。

「革財布のできるまで」でもお分かりになるかと思いますが、財布の製作工程がご覧いただけます。

 

モノマチイベント中は、革小物が作れるワークショップを開催しておりました。

大人の方も大勢参加されていましたが、子供のように目を輝かせて作業されていたのが印象的でした。

 

 

 

ユニークな商品がたくさん手掛けるメーカー

1万円札が折らずに入る最少サイズの長財布」はKAWANOWAでも人気のアイテムです。

手掛けるのは、「野村製作所」さん。

先ほどの「革小物、財布のお店 mic」さんのご近所です。

長年培った技で、使い勝手の良さと材料を追求し、飽きることなく愛着できる革製品を作りだしています。

 

普段はただの駐車スペースですが、モノマチ期間中はお得なセール品販売ブースとワークショップ会場に早変わり。

 

 

野村製作所さんでは、狐のコードクリップを購入しました。

こちらは一枚の革で、一切、針を入れていないというから驚きです。

 

写真だと分かりにくいのですが、横から見ると、立体的になっています。

コード(イヤホン)を挟むと髭が生えた、もしくはエサを食べているような感じになります。

かわいい。

 

寄り道が楽しいのが、モノマチ

春日通りに戻りまして、次の目的地に向かいますが…

向かう途中には、あちらこちらでワークショップが開かれています。

路地をのぞけばモノマチのオレンジカラーののぼりが見え、モノづくりの工房がたくさんあるのが分かります。

 

以下は、三和袋物さん。はんだごてでお絵かき。

革の素材自体も色々なお店で販売しているので、モノ作りが好きな人は楽しめるイベントですね。

 

 

 

若手クリエイターの作品に触れる

寄り道しながら到着したのは、「台東デザイナーズビレッジ」。

ファッション関連分野のクリエイターを支援する施設として15年前に設立。

 

ここから新しくブランドやクリエイターが巣立って行っているとのこと。

廃校となった小学校の教室をリノベーションしたアトリエなので、新しさの中にどこか懐かしさを感じます。

 

 

 

以下のカラフルな革小物は、「RiOWA」さんのアトリエで撮影させて頂きました。

 

 

レンタサイクルも活用しよう

なお、「台東デザイナーズビレッジ」まで、寄り道しつつで、大体2時間位歩きっぱなしでした。

そんな中、目に留まったのは、「レンタサイクル」。

30分間無料で使え、大まかなエリアを行き来するには大変便利です。

 

 

御徒町駅近辺では、2k540が返却場所になります。

事前の調査は大事ですね。

 

帰りはレンタサイクルを使って、急いで御徒町駅に戻ります。

 

JR秋葉原駅-御徒町駅間 高架下のおしゃれスポット

レンタサイクルを返却し、「2k540」を散策します。

2k540は「ものづくり」をテーマとした施設で、モノマチの主要会場の一つでもあります。

時計や帽子、革小物、万華鏡、陶器などなど、様々な分野の面白い店舗が並んでいます。

 

 

先ほど、ご紹介した「革小物、財布のお店 mic」さんはこちらにも店舗があり、トートバッグに、ポケットやバッチなど、自分の好みにトッピングが出来るワークショップを実施していました。

 

 

御徒町駅パンダ広場に到着

 

2k540から徒歩5分ほどで、無事、パンダ広場に戻ってきました。

 

今年で10年目になるモノマチですが、今年は湯島天神のお祭りも同日で、パンダ広場は例年お神輿を置くスペースとして使われていたため、開催が危ぶまれていたそうです。

 

しかし、「ぜひ、一緒に盛り上げましょう」とお互い調整して、同日開催するに至ったとのことでした。

その甲斐もあり、町全体で盛り上がり、老若男女が楽しめる、とても素敵なイベントでした。

 

KAWANOWAモノマチクリエイターズマーケットブースKAWANOWAモノマチクリエイターズマーケットブース

 

KAWANOWAもクリエイターズマーケットに今回初めて出店させて頂きましたが、職人の手作りの商品を直接ご紹介出来て良かったです。

また、普段聞けないお客様の声を伺うことができましたので、職人さんに感想をお伝えしようと思います!

 

KAWANOWAブースにお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

気になった商品はインターネットから購入していただけますので、ぜひご検討いただければ幸いです。

 

今後ともKAWANOWAと日本の革工房・職人を応援よろしくお願いします。

 

第10回モノマチ 販売アイテムリスト

https://shop.kawanowa.com/?mode=grp&gid=1816105